FC2ブログ

お寺の鎮守の神様のぉー、狛犬。世尊寺(その2)

こんにちは。


三井寺の三重塔の故郷は


奈良県吉野郡大淀町の、比曽寺跡。

聖徳太子建立の「48ヶ寺」の一つと伝えられる比曽寺跡として国の指定史跡。



遺された瓦や伽藍配置などから、飛鳥時代の7世紀後半には寺院が存在していたとされる古いお寺です。



比曽寺(比蘇寺)、吉野寺、現光寺、栗天奉寺と栄枯盛衰を繰り返し、江戸時代に、現在の曹洞宗「霊鷲山世尊寺」(れいしゅうざんせそんじ)となりました。



往時よりはかなり縮小されているそうですが、東西に塔が建っていた頃を彷彿とさせる広い境内です。


山門を入って右側に鎮守のお社。


はいはーい。


前記事では狛犬さんに寂しい思いをさせたので、

今日の記事ではまったりしまーす。


いやん、かわいい~(*^^*)


えーっとね。

「特定の建造物や一定区域の土地を守護するために祀られた神である」(wikipediaより)。

だそうよー。

狛ちゃんは、世尊寺(比曽寺)の鎮守の神様を守護する神獣さんねー。


・・・おーい。


私と同じことを言うんじゃありませんっ。

こほん。


二人ともきれいな赤いよだれかけ(?)がかわいいです。似合うよー。


にひぃ~(*^^*)

いかん、私まで笑ってしまった。


祭神は不明でしたが、


社殿には細かい装飾が施され、往時の繁栄がしのばれます。

本堂や庫裡の前には、屋根から下りた子達もいました。


ぷっ。かわいい。


戯れる母子。


叱られた。


ちょいと寂しいとーちゃん。


つづく。


次回


よもぎもち・・・?


世尊寺(史跡・比曽寺跡)
《住所》奈良県吉野郡大淀町比曽762





いつも応援いただきありがとうございます。お寺の鎮守の神社に狛犬さんがいるだけで、テンションが上がります~(*^^*)二人とも笑顔がとてもかわいくて、大切にされて幸せそうです。屋根から下りた子達も大切に保存されており、それがとても嬉しかったです。いろいろな表情をしていて、見飽きることはなく。愛されてる狛犬さんに会うだけでも、一日ほっこりなのです。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
スポンサーサイト



プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼