FC2ブログ

狛犬、海を渡る

こんにちは。


庚午事変をきっかけとして、洲本城代稲田家主従は


住み慣れた温暖な地、淡路島の洲本から船出して


北海道静内へ。


洲本八幡神社の狛犬さん。

残念ながら連れていってはもらえなかったようで。


同じく。


北海道静内へ渡った稲田家主従は、原野を拓き


火事や海難事故で家財道具や稲田家家宝を失いつつも、


心の拠り所となる神武天皇社を創建し、

開拓に励みました。

この旅路のお供をした、かわいい子達がいます。

それは


一対の狛犬。

この子達が、実にいい笑顔で。ちんまりしてて。

かわいいかわいい木製の狛犬さんです。

移民する時に稲田家家臣団が淡路島の洲本から、
稲田家の家紋付きの杯、等と一緒に持参したものと一緒に
新ひだか町の郷土館に展示されています。

他にもいろいろと持ってこなくてはいけないものはあったでしょうに、
かわいい狛犬さんを船に乗せてきた稲田家主従。



きっと、洲本のどこかのお社で、神様を護っていた子達。

移民先でも、神様を護ってくれるように願いを込めたのかもしれません。


今回の北海道の旅



ええ、このかわいい狛犬さんに会うために。

おほほほほ。


狛犬さん、徳島県立文書館の画像です。↓↓

徳島県立文書館「開館10周年特別展」
http://www.archiv.tokushima-ec.ed.jp/exhibition/k_020/13.htm

実物は、画像よりかわいいです。



いつも応援いただきありがとうございます。淡路島の洲本の郷土資料館で庚午事変について知ってから、あれこれ調べる中で出会った狛犬さん。淡路島からはるばる連れていった狛犬さんにどうしても会いたくて、私も海を渡った次第。大半のものは海の底に沈んでしまったためか、稲田家の持ち物はわずかしかありませんでしたが、その中で笑顔をふりまいている狛犬はとてもとてもかわいい子達でした。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ



ぽちぽちぽち、ありがとうございます。
スポンサーサイト



プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼