FC2ブログ

コウノトリ公園でコウノトリ

こんにちは。



ふらーっとコウノトリの故郷、豊岡市へ。


(すみません、出石のパンフなので)城崎温泉が近いです。


ご親切にどうも。


ここは兵庫県立コウノトリの郷公園。

(引用)「国の特別天然記念物であるコウノトリは、かつては日本中に広く生息・繁殖していましたが、昭和46年に野生下では姿を消してしまいました。兵庫県教育委員会では県鳥でもあるコウノトリの日本最後の生息地となった但馬地域・豊岡市において、昭和40年に人工飼育を開始するなど、文化庁の多大な援助をいただいて、地域住民の皆様のご協力を得ながら、長年にわたりコウノトリの保護・増殖に努めてまいりました。

その後、飼育下のコウノトリの死亡、産卵からふ化の難しさなど、苦難の時代がありましたが、それを乗り越え、ロシアから寄贈されたコウノトリのつがいが平成元年に飼育下繁殖に成功して以来、毎年、増殖に成功し、現在は約90羽のコウノトリを飼育しています。平成17年からは放鳥が開始され、平成19年には43年ぶりに野生下でヒナが誕生しました。そして、平成24年には野生生まれの両親から雛が誕生し、野生復帰の新しい局面を迎えています。」(コウノトリの郷公園HP「ご挨拶」より引用)



コウノトリずハウス。


こうなるらしい。


とーちゃん、泣きすぎて目の回りが赤い。


コウノトリが飛んだら大きいだろうなー。


こちらは飼育中のコウノトリず。


お。


わーい。来たー。


じいいいいいーーーー。


丹頂鶴の脚は黒、コウノトリは赤。
丹頂鶴は頭が赤、コウノトリは目の回りが赤。


ここから投函すると、幸せを運んでくれるらしいです。

あかちゃんが届いたらびっくりですわ。

おほほほほほほ。


兵庫県立コウノトリの郷公園
《住所》兵庫県豊岡市祥雲寺字二ヶ谷128番地


いつも応援いただきありがとうございます。お寺でお経をあげて頂いた後、両親とわんこのバロンも一緒に、せっせと下道で豊岡へ。走りたい気分だったので、すっきりしました。豊岡は但馬国府が置かれ、国分寺・国分尼寺の遺跡と共に発掘されたところ。かばんの産地です。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
スポンサーサイト



プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼