FC2ブログ

立花宗茂の法名は大圓院。鶯になった横笛と滝口入道。

こんにちは。


「斎藤時頼」だった頃に、横笛との恋愛を反対され出家した滝口入道。

京都の往生院まで横笛がおいかけてきたので・・・


居留守で対処し、女人禁制の高野山へ。

平家物語では、横笛も出家し、まもなく法華寺で亡くなりました。

「平家物語」横笛と滝口入道の悲恋物語
http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-504.html


滝口入道は高野山へ来て、清浄心院に庵を結び、


維盛のお世話をした後。


大圓院(当時は多聞院)の第8代住職「阿浄律師」となります。


大圓院の寺伝によれば。


ある日。滝口入道がボケーっと外を見ていると、一羽の鶯が飛来。


実はこの子、横笛。女人禁制の高野山へ鶯となってやって来たのでした。


古梅にとまって、思いをさえずります。


何を言ったのかな。

そして。


傍らの井戸に落ちて、死んでしまいました。


鶯が横笛の化身だと気がついた滝口入道は。

横笛の菩提を弔うため、阿弥陀如来を刻み、胎内に亡くなった鶯(横笛)を収め、これを「鶯阿弥陀如来像」として大円院の本尊としたと寺は伝えています。

現在も大圓院の本尊は「鶯の弥陀」(阿弥陀如来像)です。


大圓院庭園。背の高い木が「鴬梅(おうばい)」という紅梅。


鶯(横笛)が落ちた井戸、「鶯井(うぐいすい)」

※清浄心院の境内にあった滝口入道の草庵は、大正12年暮れに焼失。
 庵跡は庭となり、その前にあったという井戸は大円院に移されました。


大圓院・表門。1625年/寛永2年建築。


【由緒】(大圓院HPより引用)

大圓院は元は多聞院といい、延喜年間(901-923年)に理源大師聖宝によって開創。

当院は豊前豊後の守護職大友能直(よしなお)公(1172-1223)が当院に帰依し師檀の契りをなして以来、その十六代の孫、戸次鑑連(べっき あきつら)公(1513-1585、筑前立花山城主、立花道雪入道)も当院に傾信が深かった。

特にその婿養子、立花統虎(むねとら)公(1567-1642、のち宗茂と改名、高橋紹運公の嫡男)は、天正年間、高野山に御登山になり、当院の宣雄阿闍梨に帰依した。文禄 元年(1592)には道雪・紹運両公の霊牌と宝塔を建立して師檀の契りを結んだ。


(柳川市・「御花」廊下の金桃。宗茂の側近の兜)

この宗茂公は武将として剛勇の士であり、豊臣秀吉公は『忠義も武勇も九州随一』『天下無双の大将』と宗茂公を讃えたと言われました。」(引用終わり)


このような経緯により、多聞院は


大檀主立花宗茂の法号「大圓院殿松隠宗茂大居士」から大圓院という寺名に改めました。


「柳川城主前飛弾太守従四位源宗茂公」
「奉為大圓院殿松隠宗茂大居士成三菩提也」
「嗣子左近将監従四位下源忠茂朝臣 建立」(忠茂は宗茂の養子・二代目柳川藩主)




江戸時代まで奥の院近くの蓮華谷にありましたが、明治21年の大火後、小田原谷の現在地に移転しました。


(クリックで拡大)現在は左端にありますが、移転前は奥の院の一の橋付近にありました。


とても重厚な造りで。


うっとりです。


寺紋は、立花さんちと同じ祇園守紋。鼻血です。




奥の院の大圓院墓地には、立花宗茂の他に


石田三成や


山内一豊の墓所があります。


いつも応援いただきありがとうございます。何とも切ない横笛ちゃんのお話です。女人禁制の高野山でもウグイスならいいのですねー。・・・それにしても暑い。梅の咲いていた頃の気温なんて、もう忘れてしまいましたわ。35度なら涼しいっと思える酷暑。皆様、お体にはお気をつけて。あちー。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼