FC2ブログ

熊野本宮大社と巫女の物狂い。能「巻絹」

こんにちは。


流失前の熊野本宮大社。黄色丸の橋は江戸時代のもの。


なので、上皇の熊野御幸が盛んであった頃は、音無川を渡らなくては参詣出来ませんでした。


明治22年の大水害では本殿はなんとか残ったものの、


今は遷座して高台に鎮座。


かつて熊野本宮大社があった場所は現在「大斎原(おおゆのはら)」と称し神聖な場所。


さわやかな境内です。


洪水対策のため設けられた基壇の上がかつて本殿が存在していた場所です。


かつて社殿があった場所。


中四(第五殿~第八殿)社、下四社(第九殿~第十二殿)が明治22年の大洪水で流出したため、この二基の石祠に祀られています。


この中に、熊野本宮大社の東北にあった地主の神「音無の天神」が合祀されています。


この熊野本宮大社を舞台とした能「巻絹」。


後嵯峨法皇。熊野御幸2回。

ある日、後嵯峨天皇の霊夢により、全国から巻絹を千疋、熊野三山に納めさせますが、都(京都)からの巻絹が遅刻。

使いの男に理由を聞くと、「音無の天神」に手向けの和歌を詠んでいたと答えます。

『音無にかつ咲き初むる梅の花 匂はざりせば誰か知るべき』

勅使は怒り、男を捕縛。


そこへ、「音無の天神」が憑衣した巫女が現れ、私に和歌を捧げたのだから許せと縄を解き


巫女は和歌の功徳を語ります。

ワキ(勅使)
さあらば祝詞を参らせられ候ひて。神を上げ申され候へ

(祝詞を申して、憑いた神を上げなさい)


巫女(シテ)は、幣(ぬさ)を手にして祝詞を上げ始めます。

幣(ぬさ)は、神への供え物であり、神が宿るもの。
また、神が自身の象徴として持ちます。


「祝詞」

(巫女・シテ)

謹上再拜(きんじょうさいはい)。

抑も(そもそも)当山は。法性国の巽。金剛山の霊光。
この地に飛んで霊地となり。今の大峰これなり

(地謡)されば御嶽は金剛界の曼荼羅

(シテ)華蔵世界。熊野は胎蔵界

(地謡)密厳浄土。ありがたや


巫女は「神楽」を舞い始めます。

「神楽」は、5段(洋楽でいう楽章)からなり、1から3は、神社で耳にするようなゆったりとした曲調。


「シズメ(orシズム)」といい、神に礼拝しているような「神楽」独特の型です。

やがて、「神楽」は4段目になると「神舞」というとても早いテンポに急変。

神憑りの有り様を示します。

(地謡)
不思議や祝詞の巫女物狂い。
不思議や祝詞の巫女物狂いのさもあらたなる。飛行を出して。
神語りするこそ。恐ろしけれ。


ここから、熊野本宮大社の各社殿に祀る神と本地仏と、その功徳を唱えます。


本宮。第三殿(證誠殿)。主祭神・家津御子大神。本地仏は阿弥陀如来。

シ『證誠殿は。阿弥陀如来』
地『十悪を導き』 シ『五逆を憐む』



結宮。第二殿(中御前)。祭神・速玉大神。本地仏は薬師如来。

地『中の御前は』 シ『薬師如来』
地『薬となって』 シ『二世を済(たす)く』



下四社。第九殿(一万十万)。
祭神・軻遇突智(カグツチ)。本地仏は文殊菩薩・普賢菩薩。

地『一萬文殊』 シ『三世の覚母たり』
地『十萬普賢』 シ『満山護法(まんさんごおう)』



巫女に様々な神が憑衣し、トランス状態。

数々の神々。かの巫(かんなぎ)に。九十九髪の。
御幣も乱れて。空に飛ぶ鳥の。
翔り翔りて地に又踊り。数珠を揉み袖を振り。
挙足下足(きょそくげそく)の。舞の手を尽くし




これまでなりや。神は上らせ給ふと言ひ捨つる。


(幣を投げることで、神が上がったことを表します。)


(ここで初めて、巫女は我に返ります)

声のうちより狂ひ覚めてまた本性にぞ。なりにける

おわり。


前半は、後嵯峨法皇の熊野御幸の際の「下々の者でも歌を詠んだよ」というお話(『沙石集 巻五』)の脚色。

主題は後半。巫女が神憑りして狂乱して舞う、その姿。

同じ「神楽」でも、『三輪』や『龍田』の女神が舞う場合はお上品。

これに対し、『巻絹』では初めから神憑りした巫女が舞うのですから、次第に高まっていく狂乱の様をドタバタせずにいかに舞うか、とてもお稽古のしがいがある曲なのです。

そして、この曲からわかるのは、熊野本宮大社の巫女は、神憑りするものだということ。

面白いなー。

また、謡の詞章に、熊野本宮大社の各社殿に祀る神と本地仏の名前がはっきりと記されているのも興味をひきます。


神憑りする巫女のいた熊野本宮大社。

熊野はいいところです。


参考文献
観世流大成版『巻絹』(訂正著作/24世観世左近、檜書店発行)


いつも応援いただきありがとうございます。実はですね、熊野本宮大社にお詣りするときに、「しょおじょおでんなーあーみだにょーらーいぃー」と、ついつい口ずさんでしまって。現地で説明書を読みながら、謡の詞章がデタラメではないことを実感したのでした。すごく感動して、運転しながらぶつぶつと歌って・・・あああ、恥ずかしいっ。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
スポンサーサイト



プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼