FC2ブログ

能楽版「忠度最期」花や今宵の主ならまし

こんにちは。

本日は、能楽「忠度」のお話。

忠度に限らず、『平家物語』を題材にした能楽の曲は多数。
大半が、平家方の公達の最期の物語。


熊野生まれで熊野育ちの平忠度。

1183(寿永2)年5月。倶利伽羅峠の戦い。
忠度も大将として参戦しますが、木曽義仲に敗退。

兵力の大半を失った平家。


同年7月に安徳天皇と三種の神器を奉じ、都落ち。

能楽「忠度」の後半(中入後)。
須磨の明石に到着した旅僧(ワキ)の夢に忠度が現れます。


平家の烏帽子は、右折れ。(源氏は左折れ)
肩(片)脱ぎは、武人の鎧を表します。
「忠度」独自のものは、背中の矢。



(忠度《シテ》)
恥かしや亡き跡に。姿を帰す夢のうち。
覚むる心は古(いにしへ)に。
迷ふ雨夜(あまや)の物語。
申さんために魂魄にうつりかわりて来りたり

さなぎだに妄執多き娑婆なるに。
何中々の千載集の。歌の品には入りたれども。
勅勘の身の悲しさは。よみ人知らずと書かれし事。
妄執の中の第一なり



勅撰の「千載集」に入ったものの、朝敵である平家の身の上から「よみ人知らず」と書かれた事が妄執の第一だと告げる忠度。

忠度は武人ですが、古今序「生きとし生けるもの何れか歌をよまざりける」の如く歌人でもあります。

歌人であるが故に、自分の歌が「よみ人知らず」として埋もれてしまう悲しさが、この謡曲「忠度」の主題になっています。


年は寿永の秋の頃。都を出でし時なれば。
さも忙しかりし身の。さも忙しかりし身の。
心の花か蘭菊の。狐川より引き返し。
俊成の家に行き歌の望(のぞみ)を嘆きしに。



平家の都落ちの際、狐川(乙訓郡・長岡京市)からわざわざ引き返し、 歌の師匠である藤原俊成に、自らの秀歌を書き留めた一巻を託します。


望(のぞみ)足りぬれば。
又弓箭(きゆうせん)にたづさはりて。
西海の波の上。暫しと頼む須磨の浦。
源氏の住み所。平家の為はよしなしと知らざりけるぞはかなき。



別れを告げ、忠度は一ノ谷へ向かいます。

しかし、一ノ谷の須磨・明石といえば『源氏物語』で光源氏居住の地。
平家には縁のない土地。



以下、謡の描写が具体的なので、連続で記します。

(引用はじめ→)


さる程に一の谷の合戦。今はかうよと見えし程に。
皆々舟に取り乗って海上に浮ぶ。

(忠度《シテ》)
我も船に乗らんとて。汀(みぎわ)の方(かた)に打ち出でしに。
後(うしろ)を見れば。


武蔵の国の住人に。岡部の六弥太忠澄と名のって。
六、七騎にて追つかけたり。

これこそ望む所よと思ひ。駒の手綱を引つかへせば。


六弥太やがてむづと組み。両馬が間(あい)にどうど落ち。


彼の六弥太を取つておさへ。既に刀に手をかけしに。


六弥太が郎等 御後より立ちまはり。
上にまします忠度の。右の腕(かいな)を打ち落せば。


左の御手にて六弥太を取つて投げのけ今は叶はじと思し召して。


そこのき給へ人々よ。西拝まんと宣ひて。

光明偏照十方世界念仏衆生摂取不捨と宣ひし。
(こうみょうへんしょうじっぽうせかいねんぶっしゅじょうせっしゅふしゃ)

御声の下よりも。痛はしやあへなくも。
六弥太太刀を抜き持ち。

つひに御首を打ち落す。

(忠度《シテ》)
六弥太。心に思ふやう。

(地謡)
痛はしや彼の人の。御死骸を見奉れば。



其年もまだしき。長月頃の薄曇。降りみ降らずみ定なき。
時雨ぞ通ふ村紅葉の。錦の直垂はたゞ世の常によもあらじ。
いかさまこれは公逹の。御中にこそあるらめと。
御名ゆかしき所に。


箙(えびら)を見れば不思議やな。
短冊を附けられたり。


見れば旅宿(りょしゅく)の題をすゑ。

行き暮れて 木の下蔭を宿とせば
花や今宵の 主ならまし   忠度

と書かれたり。

さては疑(うたがひ)あらしの音に聞えし
薩摩の守にてますぞ痛はしき。


御身此花の。蔭に立ち寄り給ひしを。
かく物語り申さんとて日を暮らしとどめしなり。


今は疑よもあらじ。花は根に帰るなり。

我が跡弔ひてたび給へ。

木陰を旅の宿とせば。花こそ主なりけれ。(←引用終わり)


【能楽の表現】

矢を入れるもの、箙。


能楽の装束では、簡素化して矢一本で表します。


背中に付けた一本の矢が箙を表現。


「つひに御首を打ち落す」


頭上に上げた扇を、ぱたん、と倒すことで表現。


「忠度の歌の表現」

具体的な詩章で忠度の最期を強く謡った後、「六彌太心に思ふよう」で落ち着きます。

箙の短冊に書かれた和歌は、ゆったりと歌うように。聞かせ処です。

行き暮れて 木の下蔭を宿とせば
花や今宵の 主ならまし
   

舞台ではシテが「ゆぅきーいくれてぇーぇぇーぇーぇー」とゆったりと謡った後で「立廻(たちまわり)」が入ります。
(※立廻:お囃子だけに合わせて舞台を廻る型)

すべてはこの和歌の為にあったのかと思うほど、印象的(私見)。


『平家物語』の「忠度最期」では、忠度は源氏方に紛れて逃亡を図りますが、六彌太に声をかけられた際、お歯黒で「平家だ!」と見破られてしまいます。
忠度を護衛する筈の百人程の者達は臨時雇いであったため、忠度と六彌太が組み合うのを見て、雲散霧消。

残念。




このような気概を持って戦に挑んだ忠度でしたが、和歌への未練は断ちがたく。



旅僧(ワキ)に回向を頼み、「木陰を旅の宿とせば 花こそ主なりけれ」と、花の陰に隠れるように姿を消すのでした。


参考文献
観世流大成版『忠度』(訂正著作/24世観世左近、檜書店発行)


いつも応援いただきありがとうございます。能楽「忠度」の良さは、謡の音階の美しさと忠度自身の歌の響き。この曲は他の修羅物(武人が主役の曲/殺生をした武人の死後は戦いと苦しみに明け暮れる修羅道に堕ちる)と異なり、修羅道に落ちた苦患を一言も述べず、終始、風雅な武将として忠度を描いているのです。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
スポンサーサイト



プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼