FC2ブログ

祭神すら怪しげな、名草神社

こんにちは。

但馬妙見日光院【第19回】



以下、兵庫県神社庁より引用 http://www.hyogo-jinjacho.com/data/6324001.html)

【祭神】名草彦命  ナグサヒコノミコト

【配祀神】日本武尊・天御中主神・御祖神・高皇産靈神・比売神・神皇産霊神(ヤマトタケルノミコト・アメノミナカヌシノカミ・ミオヤノカミ・タカミムスビノカミ・ヒメノカミ・カミムスビノカミ)

【由緒】敏達天皇14年(585)、養父郡司高野直夫幡彦、紀伊国名草より来り。民の悪疫に苦しむを憐れみて其祖神名草彦命以下の諸神を祀りて之に居りしに創まると伝う。
延喜式の制小社に列し、中古社運隆盛を極め仏者に習合して真言帝釈寺当社の別当となり、祭神中に天御中主神あるによりて7座の祭神を北辰7星に象りて両部神道を構成し、社名を妙見宮と改め、真言特有の加持祈祷を以て信仰を得る。(略)(引用終わり)


【名草彦とは?】



和歌山県海南市の名草山に鎮座する中言神社。
祭神は名草姫命・名草彦命。

祭神の名草姫命は神武軍と戦い戦死した名草邑(現在の和歌山市と海南市の一部)の長、名草戸畔(とべ・日本書紀)。



大和を目指していた神武東征軍。
紀伊国名草邑を支配していた豪族の女帝・名草戸畔は神武軍に随順せず、現海南市の「クモ池」周辺が戦場になり、壮絶な死闘の末に惨殺されます。

頭、胴、足が切り離された名草戸畔の骸は名草の民により、頭は宇賀部神社(おこべさん)、胴は杉尾神社(おはらさん)、足は千種神社(あしがみさん)に埋葬されたと伝わります。

この名草戸畔の末裔で、紀伊氏に帰順し、五代目の紀伊国造となったのが名草彦命。


【由緒、この怪しげなもの】

では、なぜ遠い遠い紀伊国名草邑の名草彦命が名草神社の祭神なのか。

由緒に曰く

「敏達天皇14年(585)、養父郡司高野直夫幡彦、紀伊国名草より来り。民の悪疫に苦しむを憐れみて其祖神名草彦命以下の諸神を祀りて之に居りしに創まると伝う。 」

まぁ、はるばる紀伊国から?ありがたやありがたや。

待て。


おりこうさん。

この由緒書きは、『但馬故事記』より採用したと名草神社宮司・井上憲一が自らの執筆(昭和31年発行:八鹿町観光協会・「但馬妙見」30項 名草神社沿革に記載)で語っているといいます。(日光院HPより)

http://www.tajimamyouken.com/page/index.php?mode=detail&page_id=cd0f0131ed9b1efefe56ee96a85b003b)

『但馬故事記』

「人皇三十代敏達天皇五年六月若足尼ノ命の甥、高野ノ直夫幡彦を以て夜夫郡司となす。高野ノ直夫幡彦は紀の国、名草郡の人なり。

此の御代、仏信じ、国の祭りを軽んず。是に於てか、諸国に悪疫流行し、穀実不登、人多く死し、民之に苦しむ。天皇詔して、神祇を崇敬す。郡司、高野ノ直夫幡彦は、此の災害を払わんと欲す。

十四年夏五月、天御中主神・高皇産霊神・神皇産霊神・五十猛神・大屋津姫神・抓津姫神・及び己が祖、大名草彦命、の凡そ七座をまつる。(略)」(『但馬故事記』八巻のうち第三巻)


さあ、この『但馬故事記』なる文書。

但馬の歴史を調べるにあたり、便利そうに見えるのですが。実は。

「所謂、偽史であり資料として語るに及ばず」
(by 桜井勉。「校補但馬考」の著者で、内務省神社局長(明治34年))。



「歴史読本」の別冊「古史古伝と偽書の謎」でも「但馬故事記五つの謎」と書かれる程の「偽者」なのです。



よって、名草神社は『但馬故事記』以外の根拠を示す必要があるでしょう。


次!


【配祀神】日本武尊 天御中主神 御祖神 高皇産靈神 比売神 神皇産霊神(ヤマトタケルノミコト アメノミナカヌシノカミ ミオヤノカミ タカミムスビノカミ ヒメノカミ カミムスビノカミ)

出たー。

天御中主神・高皇産靈神・神皇産霊神の造化三神(ぞうかさんしん)。



【「造化三神」とは何ぞや】

「天地初めて発けし時、高天の原に成れる神の名は、天之御中主神、次に高御産巣日神、神産巣日神、此の三柱は、並独身と成り坐して、身を隠したまひき。」(『古事記』)

『記紀』共に、天地開闢の場面にのみ現れる天御中主神たち「造化三神」。神話は、ない。

「『延喜式神名帳にも全く登場しない』神とされ、古代にも全く『無視』された神々のようである。」(『日本の塔婆』http://www.d1.dion.ne.jp/~s_minaga/myoken44_4.htm)

そんな神様がなぜ祭神となるのか。神話もないのに。


『天御中主神』に注目したのは、伊勢外宮度会家の伊勢神道。

その後、『天御中主神』は近世末に後期国学と復古神道で天地創造神として取り上げるようになって陽の目をみます。



【「造化三神」と復古神道】

「尊王攘夷」を理念として成立した明治政府。。
その理念の裏づけとなった思想は「水戸学や後期国学や復古神道」であり、それは慶応4年の「祭政一致」の「王政復古」として実現しました。

明治元年(慶応4年)3月13日。
「此度 王政復古神武創業ノ始ニ被為基、諸事御一新、祭政一致之御制度ニ御回復被遊候ニ付テ、(略)」(『太政官布告』(慶応四年三月十三日))


詳細は→→→「神仏分離の実施。法令で確認」
http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-444.html

「水戸学や後期国学や復古神道」の中心は平田篤胤などの国学者。

「復古神道」では、

天孫降臨以前の万物の創造を行った「造化三神」を「復古神道」の究極神とし、その中で天御中主神は最高位である、と考えます。


司馬遼太郎が簡潔に表現しています。

「明治以前には平田篤胤みたいな人がいましたが、彼はたしか『天御中主神』という不思議な、なるほど古事記、日本書紀に一度しか出てこない神を神々の世界を統治する最高神”ゴッド”の位置においてきました。・・しかし国家神道では『天御中主神』というあまり抽象性の高いものははずされて、具体的な『天照大神』になってしまう。・・」(日光院HPより「司馬遼太郎 談」)と考察しています。 


さらに、神社本庁の史料では『天御中主神』について

「実際に古くから神社の祭神として祀られていた形跡は延喜式神名帳等の神社史研究において存在しない」

と断定しています。


「式内社名草神社」ならば『天御中主神』を祭神とすることはなく、また、『天御中主神』が祭神だというならば名草神社は「式内社」ではない。

あらまー。

兵庫県神社庁と神社本庁の間にある、矛盾。

まー。はーずかしーい。


【まとめ】
はるばる紀伊国名草邑の名草彦命にも、失礼なお話です。



いつも応援いただきありがとうございます。他の神社で祭神『天御中主神』に遭遇したとき、神社の説明板があまりにも意味不明で、狛犬さんがかわいいのにお蔵入りさせてしまったことがあります。やっと次記事に掲載出来そうです。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
スポンサーサイト



プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼