FC2ブログ

神殿狛犬は箱入り息子。元・日光院、現・名草神社

こんにちは。

但馬妙見日光院【第13回】


賑やかな本殿です。


各部分の名称はこんな感じ。

「虹梁」がうねっているので「海老虹梁」といいますが、近世寺社建築の中には、これが龍になっているものもあります。


「手挟の彫刻が細かくて素晴らしい」と言えば、ツウです。多分。


ラスボスにゃんこは


ここにいました。

天井の朱が鮮やかに残っています。


風雨にさらされず、直射日光も当たらない内部は、鮮やかな色が残ります。

新築の社殿は、どれほど美しかったことでしょうねー。


何やら思いもよらぬ所から声がします。


どうやら、この角から聞こえるようなので、覗いてみましょ。


実は社殿自体が大きくて、不可能。

ぴょんぴょん跳びつつバンザイして、パシャッと・・・十数枚、棄てる羽目に。るるるー。

横の階段から必死にじゃんぷ。


なんか、いる。


鋭い牙が見えまするっ。


寝起きで機嫌がよろしゅうないようで。

こーまーちゃん♪その牙、すごいねー。


番犬が寝てたら駄目でしょ。


さて。おーい、吽ちゃーん♪


じゃーんぷっ。


あらやだ、かわいい。

この子の右目だけ、お目目が残ってます。


あれれ?ここから会えるかも。こーまーちゃん♪


ひいいいい。


狛犬の本性現る。


嘘つき。

もしや、阿ちゃんも本性は同じなのかしらっ。おーい。


・・・こら。


こらこら。


あなたたちっ。



いつも応援いただきありがとうございます。劣化する前の社殿はさぞかし色彩豊かだったことでしょうねー。一対の神殿狛犬さん、屋内にいるのに随分傷んでいます。それほどここの気候は厳しいのかなぁ。標高800mの気候はあなどれませんのね。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
スポンサーサイト



プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼