FC2ブログ

弱り目に祟り目。神仏分離と社寺上知令でずたぼろです

こんにちは。

但馬妙見日光院【第8回】

今日は、地べたのお話。

寺社は、信仰の対象となる「境内地」、田畑(直作or賃貸)、広大な山林(自社の建築材料or貨幣収入の用材)を所有していました。

また、徳川幕府の時代には、幕藩体制において一定の政治的・宗教的な役割を担う義務を負う反面、幕府や藩主から社寺地の「領主」として支配権を行使することを認められるようになります。

この「支配権」は、「朱印状」(幕府)・「黒印状」(藩主)により付与された事から、それぞれ「朱印地」・「黒印地」と呼ばれます。

この二つの土地は、幕府・領主に対する租税は免除となり、土地から得られる収益は全て寺社に徴収権があり、祭司・供養・社殿の修繕費用に充てられました。

(但し、この両土地は決して広くはなく、ここだけで全てを賄うことは不可能。)

さらに、寺社の境内地等は検地の対象外とする「除地(のぞきち)」であり、年貢諸役が免除されています。


平和に過ごしていたところ、嵐が到来。


1867(慶応3)年10月「大政奉還」・12月「版籍奉還」

諸大名から天皇へ領地(版図)と領民(戸籍)が返還されました。

そして。

明治4年1月。いわゆる「社寺上知令」が発布されます。

【社寺領現在ノ境内ヲ除クノ外上知被仰出土地ハ府県藩ニ管轄セシムルノ件】明治4年正月5日太政官布告(旧3年庚午12月)

「諸国社寺由緒ノ有無ニ不拘朱印地除地等従前之通被下置候所各藩版籍奉還之末社寺ノミ土地人民私有ノ姿ニ相成不相当ノ事ニ付今般社寺領現在ノ境内ヲ除ク外一般上知被仰付追テ相当禄制相定更に蔵米ヲ以テ可下賜事」


既に各藩が領地を奉還した以上、「朱印地」「除地(のぞきち)」等の「社寺領」も当然「上知」すべきである。
それにより失われた特権については、追って蔵米にて補償する予定である、と。

この時の上知の対象の「社寺領」は、「朱印地」・「黒印地」に相当する領域でした。(大蔵省管財局1994年)


まだ、それほど焦ってないの。



【太政官布告】慶応四年三月十三日

「此度 王政復古神武創業ノ始ニ被為基、諸事御一新、祭政一致之御制度ニ御回復被遊候ニ付テ、先ハ第一、神祇官御再興御造立ノ上、追追諸祭奠モ可被為興儀、被仰出候 (略)」


「王政復古の太政官布告」です。


神宮寺は分けやすい。


(画像:書写山園教寺の捨てられ朽ち果てた仏像)

神仏分離令に乗じ、各地で過激な廃仏棄釈が起こります。

寺院に対してさらに追い討ちをかけたのが、経済的基盤の崩壊に繋がる諸法令。


【寺院境内ノ区別ヲ一定セシムル件】太政官達第258号・明治4年5月

田畑・山林、例え不毛地であろうと墓地以外の境外地は全て「上知」せよ、と指示が出ました。

いったいどれだけ上知しろとー?っと、混乱。


「社寺領上地跡処分規則」(内務省達乙第72号・明治7年11月)
「社寺境内外区画取調規則」(地租改正事務局達乙第4号・明治8年6月)※通称「第二次上知令」

両規則により、判断基準が明確化されます。

1 寺社が自らの資金で開墾・購入した土地は寺社の所有とする事
2 自費開墾の証拠がある場合はその占有者に無償で下げ渡す
3 境内地は祭典法要に必要な場所に限り、それ以外は全て上地する事




つまり、「明治4年正月5日太政官布告」で上知の対象外となった土地が、



第二次上知令では、社殿・堂宇の敷地と法要・祭典に必要な場所以外全てが上知の対象となったのです。



清水寺では、第一次では15万坪が残ったのに、第二次では1.4万坪だけが残ったと言われています。(清水寺史)

こうして上知された寺社領は、全て官有地へ編入されました。



このため、寺社は社殿堂宇の修繕を名目として、上知の対象となる可能性の高い森林を伐採して売却。

数度に渡りそれを禁じる布告を出しますが、寺社にとって森林を管理・利用出来るか否かは死活問題ですから、もぐら叩きの様相。



この後紆余曲折を経て、

【国有土地森林原野下戻法】(法律99号・明治32年4月)

「地租改正又ハ社寺上知処分ニ依り官有ニ編入セラレ,現ニ国有ニ属スル土地」等について、「其ノ処分ノ当時之ニ付所有又ハ分収ノ事実アリタルモノ」は、翌33年6月30日までに下戻の申請を行うことができるようになります。

申請に対して不許可となった者は不服ある場合、行政裁判所へ訴えを起こすことができるとも定められます。

当初は管轄官庁である農商務省の指令に沿った判決が出ていましたが、転機が訪れます。

それが「一乗寺山林下戻請求事件(明治37年1051号事件)」に対する明治41年10月の判決です。

農商務省の処分を取り消し、係争対象たる山林・立木を原告(一乗寺)に下げ戻すべきであるとの判決を行政裁判所が下すのです。

これは、「朱印状がなければ当然租税を負担すべきであった土地であることは、朱印地が社寺の私有地であったことを意味する」との論考が現れた背景があります。

えーと。納税義務は所有者にある。朱印状によって特別に免税しただけよ、ということ。

しかし、証明義務は寺社にあり、「下戻」の形で本来所有していた土地が返ってくるとはいえ、相変わらず寺社には酷な制度ではありました。


大正10年「国有財産法」(法律43号)
国有地にある寺院境内地は、寺院に永久無償貸付を行っているとみなす、と定められます。

昭和14年「寺院等ニ無償ニテ貸付シタル国有財産ノ処分ニ関スル法律」(法律78号)

国と寺院等の間に従前から特殊事情にあった国有境内地を譲与することができることになり、寺院境内地処分審査会が発足するものの、戦争により中断。

終戦。


も少し、がまん。


【戦後の社寺境内地の処理】

連合国の占領政策の柱の一つは日本の民主化。

宗教に関する民主化も例外ではなく、G.H.Q.は、昭和20年10月に日本政府に対し「政治的、社会的及び宗教的自由に対する制限除去に関する覚書」をはじめとする宗教改革に関する一連の指令を発します。


昭和21年「明治29年法律第24号官国幣社経費ニ関スル法律廃止ノ件」(法律71号)

従前の公用財産としての取扱いをやめ、内務省所管から大蔵省所管に移し、寺院境内地と同様に神社の用に供する間、上知地について無償貸付を認めます。


昭和22年4月「社寺等に無償で貸付してある国有財産の処分に関する法律」(法律53号)

無償貸付していた財産について国と社寺との特殊関係を断絶し、整理するため

1 明治初年の社寺上知令あるいは地租改正条例に基づき国有となったもの
2 現に国有財産法により無償貸付を受けているもの
3 宗教活動に必要なもの

で、本法施行後1年以内に申請したものは,その所有権を返還する意味で当該社寺等に無償で譲与することができる。しかし、かかる事実がないものまたは事実があっても立証できないものについては,社寺等の既得権ともいうべき永久無償使用権の消滅を補償する意味で、時価の半額で売払うことができる等と定めます。

無償貸付件数(神社・寺院・教会)は、106,566件。
面積はなんと、119,324,134坪。


こんな膨大な土地ですから、慎重に審議します。
中央・地方に「社寺境内地処分審査会等」が設置され、審査を行いました。

処分の対象となった土地は118,752,963坪。

神社 75,669件、94,119,086坪
寺院 30,529(13)件、24,633,877(8,952)坪
※(内は教会)

中央審査会は昭和27年3月31日、地方審査会は昭和28年3月31日で役目を終え消滅します。

残存は、4601件、4,819,252坪

譲与されても管理費だけが嵩む土地は寺社側が拒否したり、既に国有林野事業が行われていた土地はその従事者が猛反対するなど、全てを譲与することは叶わず。

この残存分は、国有林野として管理されることとなります。


明治の上知令から長い長い道のりでした。


参考文献
「社寺と国有林—京都東山・嵐山の変遷と新たな連携」(福田淳 著/日本林業調査会)

財務省HP内「社寺境内地の処埋」https://www.mof.go.jp/about_mof/zaimu/30years/main/0303020103.htm#skipmain


いつも応援いただきありがとうございます。南禅寺界隈の別荘庭園群は、神仏分離令や社寺上知令によって、広大な敷地があった南禅寺の土地の大部分が民間へ払い下げられたことにより、山縣有朋や財閥の野村家など、政財界の人々がステータスとして競って別邸を建てたものです。綺麗な景色の中に、寺社と明治政府の攻防が隠れているんですねぇ。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
スポンサーサイト



プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼