FC2ブログ

但馬妙見日光院はじまり。まずは波乗りウサギ

こんにちは。

但馬妙見日光院【第1回】


但馬国は、丹波国の北西隣。

大阪から丹波市を通り北西に、だーっと行ったとこ、養父市(やぶし)。

そうねー、有名処で言うと、城崎温泉をじゃーっと南下、竹田城のちょい北。

(どこなの。)

養父市の名刹・日光院と名草神社へ5月2日に行きました。


ここは妙見山の中腹。


新緑が萌え萌えのここはどこかといえば、日光院。


頑張って登って、名草神社へ。


見えた三重塔は感動します。

「三重塔ってお寺のもんじゃないのー?」←ここ、ポイント。


「出雲大社から来た」→「どこの誰んとこに来た?」←ここも、ポイント。


そんな但馬国の養父市のうろちょろ話、はじまりはじまりー。


はい、シャガさん、こんにちは。


シャガが群生してました。


・・・どんな映画なのん。

こんなシャガ達が咲き誇るところは


緑に埋没。


但馬妙見 日光院です。


山門。


日差しに映える緑が強烈です。


お寺、お久しぶりなのですよー。


木々の若葉と苔の色。


いったい何人おいでなのか。


樹齢600年の大欅(けやき)。


ここにいると、全身緑に変身できます。

気持ちいーい♪


拝殿の背後には、妙見大菩薩を祀る本殿。



そして、こちらにも、中井権次一統の彫刻群。


お腹すいてるのか。


サーファーラビット。


社殿の彫刻や絵画、小物の絵模様に見られる「波乗り兎」の由来は、能楽「竹生島」の一節にあります。


のどかな春、小舟で竹生島へ向けて琵琶湖を渡る時の風情を謡います。

緑樹(りょくじゅ) 影沈んで
魚(うお)、樹に上(のぼ)る景色あり
月、海上(かいしょう)に浮かんでは 兎も波を走るか
面白の浦の景色や


緑樹の影が湖面に映って暗くなっているので、魚が樹に上るように群がっているように見える。
湖面に映る月、月といえば兎。
白いさざ波は、兎が波の上を走っているようだ。
なんと趣深い景色かな。


唐突に現れた組み合わせではないのですよー。

そして。


キシャーっと勇ましい龍虎。

まぁ、すてきぃ~(≧∇≦)


いつも応援いただきありがとうございます。日光院と名草神社。いわゆる「神仏分離」のちょいと複雑なお話になるこちらなのですが、いつものようにさらっと楽しくいきまーす。でないと、頓挫しそうです。こほん。こほこほこほこほ、げほー。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
スポンサーサイト



プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼