FC2ブログ

白鹿神社。布団屋台に遭遇

こんにちは。


丹波市山南町の白鹿神社。

同じ丹波市でも、山南町は、兵主神社の春日町から柏原町を挟んだ南部。

丹波竜の化石が出てきた町です。


訪問日は4月29日。白鹿神社の春の祭礼でした。


鳥居の扁額は「大歳神社」となっており、間違えたかと思ったら、こんな配置で。


こちらは、大歳神社。


この子はここの子でした。


あー、そんな事言ったら・・・


あーあ。


助けてやれよー、とーちゃん。


小ぶりながら、素晴らしい社殿だなーっと、うっとり。


祭神は、大歳神。


彫刻は中井権次一統の、中井清次郎正実。


いただいてはいけません。



祭壇が設置されていたので、横から失礼。

本来は瑞鹿(しろしか)神社。
白鹿神社は通称で、御祭神は天香具山命。


この白鹿神社の由緒物語。

1746(延享3)年のある春の日。


(画像:大原野神社の鹿さん)

右脚に傷を負った美しい白い鹿が太田の里に下り、川に落ちて流され、 助けた村人の手厚い介護もむなしく死んでしまいました。


(画像:柏原陣屋)

時の柏原藩主織田公からはお供え物を賜わり、 吉祥として白鹿をねんごろに葬れとのお言葉があったそうです。

村人は瑞鹿(しろしか)神社として祀り、以来足の病に霊験あらたかといわれ、お祭には沢山の参拝者が訪れます。(丹波竜の里HPより引用)


周囲を歩いていたら、お神輿発見。


丹波市では「太鼓神輿」と呼びます。

これ、大阪へ来て初めて見たんですよねぇ。


太鼓を乗せて担ぐ祭礼山車は「太鼓台」といい、大阪、兵庫から四国、中国、九州地方に見られ、特に瀬戸内海沿岸地域に多く分布。

瀬戸内海沿岸地域の太鼓台は基本的にこの「布団屋台」で、布団を重ねた屋根を基本形とします。

地域によって、布団の数や装飾が異なりとても多様。

播州では「屋台」、淡路島では「布団ダンジリ」、大阪では「布団太鼓」と呼ぶ地域があり、四国の香川県や徳島県では「チョウサ」と呼ぶ地方も多いとか。



布団の四隅が反り、平屋根なのがわかります。


ペロペロキャンディー(違)。


味わい深いです。


(クリックで拡大)太鼓歌だそうで。


暗記している人も少なくなったのかな。


間違えてます。太鼓神輿です。

素敵なものを拝見できました。


白鹿神社
《住所》兵庫県丹波市山南町太田590


参考文献
現地説明書・兵庫県神社庁HP・丹波竜の里HP(http://www.kamikuge.com/guide.html)



いつも応援いただきありがとうございます。祭礼には、礼装に身を包んだ方々が参拝されていて、小汚ない格好の私はとても場違い。境内の外で待機しました。その後、氏子の方からいろいろなお話をお伺い出来て、楽しかったです。やはり、中井権次一統の彫刻群は、昨今注目を集めており、「いいでしょ、ここのお社」と皆様とても誇らしげでした。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
スポンサーサイト



プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼