FC2ブログ

兵主神社のこうごう石と女の鬼「般若」とは

こんにちは。

とっ散らかしてしまいましたが、兵主神社の続きです。

兵主神社なんだっけ?


黒井城の近くに鎮座して。


近衛家から贈られた扁額がタタミ一畳分もあって。


幸せな狛犬さんがいて。


しだれ桜が咲いて


彫刻がいっぱいで。


ぷりっちりと見つめるオヤジ狛犬さんがいて。


お客様をお呼びして。


お馬鹿親子がいて。


ちびちゃんズがいたとこ。

です。

さてこのちびちゃんズ、何を守護する狛犬様かというと。


「鏡石」

むかーしむかし、兵主神社や黒井城のある黒井町内の小間物問屋にとある夫婦がおりました。

ある日、夫が商売の帰路の途中で具合が悪くなり


ぷりーずへるぷみー。(画像:馬見岡綿向神社の稲荷社)


助けてくれたのは娘さん。(画像:馬見岡綿向神社の浅間神社)


夫はその娘さんの家に出入りするようになってしまいます。
(画像:馬見岡綿向神社の浅間神社)

その噂は妻の耳にも届き、喧嘩が絶えず。


商売も疎かになります。(画像:たつの市の脇坂神社)


妻は兵主神社に「祈り釘」の願を立て、毎夜大杉に釘を打ち込みます。
(画像:丹波市の高座神社修復工事の釘)


嫉妬にかられた妻。(能楽『鉄輪』うわなり打ちの姿)

いよいよ満願の日。

大杉に向かう途中で


「こうごう石」に映る自分の浅ましい姿を見てしまい。


我に返り、打ち込んだ釘を全て抜き取り、夫に謝ります。


夫も懺悔して、もとの鞘におさまり。


小間物問屋の商売は益々繁盛しましたとさ。


そして、「こうごう石」は「鏡石」と名付けられ、全ての邪心を祓う奇石として祀られるようになりました。

そんな、兵主神社の鏡石のお話でした。(『丹波叢書第三集』より)


待てい。・・・邪心って。悪いのは鼻の下伸ばした夫の方でしょー?
よこしまなこころ、は、男の方じゃんねー。ぶーぶー。

能楽では、男の鬼は「強がって」力んだ顔をしていますが、女の鬼(特に六条御息所など高貴な女性の鬼)に用いる「般若」の面(おもて)は、目元に男に裏切られた「悲しみ」、口元と角でどうにもできない「怒り」を表します。

このイラストは「M/Y/D/S イラスト素材百科」の「M/Y/D/S」様より利用規約に基づきお借りしています。イラストの転載はできません。

角が生えるのは女の鬼だけ。

一方、「鉄輪」に用いる「橋姫」の面は、素朴な女の怒りから鬼となったという解釈から、髪は乱れ眉間に皺を寄せただひたすら「怒る」顔で、あまりお品がいいとは言えない形相。



ちびちゃんズ、はた迷惑。








ほんとにちっちゃいちゃんな狛犬さんなのです。

なので、本気で守護させるなら


こんな勇ましい狛犬さんじゃないと。(画像:丹波市の白鹿神社)


え?


駄目かぁ。

では、同じ兵主神社の奥の宮の狛犬さんでは?


えー?


ほんとだー。


ちびちゃんズは不満たらたらなのでした。


兵主神社
《住所》兵庫県丹波市春日町黒井2956


いつも応援いただきありがとうございます。あっちこっちに話が飛んでおりますが、兵主神社の続きです。ちっちゃい狛犬さん、実はとっても大切なものを守護しているようです。「鏡石」さんに邪心を祓っていただいても、煩悩はえんどれす。今宵も酒がうまいです。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。ほんとに励みになります。
スポンサーサイト



プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼