FC2ブログ

イカルがちゅんちゅん何鹿郡。長板葺の阿須須岐神社摂社

こんにちは。


綾部市、ざっくり位置。ここは京都府。

古来の郡名は「何鹿(イカルガ)郡」

平城宮東大溝から出土の木簡(750年から760年のものと推定される)が、最も古い記録。

私はてっきり、奈良の斑鳩との関係からかと思い込んでいました。


【「何鹿」の読みについて】

「伊加留我」(『倭名抄』)と訓註があり、「イカルカ」と読んでいたことがわかります。

では、「イカルカ」って、なんだー?

「按スルニ此郡鵤(イカルカ)多ク住栖ス。因テ号シ文字ヲ転セラレタルカ」(『丹波志』総国何鹿郡の条)

「郡名ノ起因詳ナラズ。斑鳩(イカルカ)ノ産地ナルヲ以テ古人ガシカ名ヅケタリト言フ」(『丹波誌』何鹿郡の条)

等とあることから、鳥の「イカルカ」、別名「イカル」が群棲していたので名付けられたのではないかと推定しています。

現在の綾部市の「市の鳥」はイカルです。(イカルってどんな鳥かは検索してねー。)

「伊加留我(イカルカ)」が「何鹿」となった件は、定説がありません。

元明天皇の詔により編纂させた各地の「風土記」では、国・郡・郷名を「佳い二字」で記すことが必須となっており、このときに「何鹿」の二文字としたのでしょう。(「綾部市史」より)

なぜ「何鹿」の漢字になったのかは不明。


さぁて。


飴ちゃんとーちゃんのいる


阿須須岐神社。

本殿に向かって右側。


阿須須岐神社の摂社、大川神社社殿です。

1701(元禄元)年建築(棟札による)。
1805(文化2)年、縁回りの修復(縁板裏の墨書銘による)。

綾部市内屈指の古社殿なんですとー。


お話が古すぎて答えにくいでしょ。それは大川○作って演歌の人でしょ。


こちらも覆屋の中です。一間社流造。

流造(ながれつくり)というと


(敦賀市・気比神宮の摂社)

流れるような形、ではなく、前後非対称の形をいいます。
神社の社殿では一番一般的な造りですね。


阿須須岐神社本殿のお屋根も、流造。

同じ境内にある流造でも、大川神社のお屋根は


武骨なまっすぐさんです。

長い板で葺いている「長板葺」な点が、ここの特徴。


苔がついてますが、昔の色が感じられます。


すっきり。


小ぶりだけど、素敵な社殿。

阿須須岐神社の本殿と摂社大川神社社殿は、京都府登録文化財です。



阿須須岐神社
《住所》京都府綾部市金河内町東谷1




参考文献
「綾部市史(上巻)」(発行・綾部市役所)


いつも応援いただきありがとうございます。末社のお屋根の葺き替え工事中の大工さんに奇妙な目でチラチラ見られつつ、うひゃーうひゃーっとお散歩。ここは旧志賀郷。戦国の地方豪族志賀氏の地元です。地味?
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼