FC2ブログ

あ、すすき、神社。いや、阿須須岐神社です

こんにちは。


高野龍神スカイラインで紀伊山地を眺めた思い出を胸に。


すんませんすんません。

ここは京都府綾部市金河内町東谷。以前は志賀郷村と称した地区。


細い道に入る手前で停めておけばよかっただ。

降りては確認、降りては確認を繰り返しつつなんとかこの奥のお社の前の駐車場へたどり着き。冷や汗びっちょり。

静かな静かな集落をどすどすと通った大阪ナンバーの車に驚いたお宅の方に「ここ、通れますかっ」と、見ればわかるやろ、って事をお尋ねし。

そのご主人、このお社をとても誇りに思われていて、地区全域でもり立てていくんだということと、お社の由緒をキラキラした目で語って下さいました。

素敵だなぁ。大好き。


そんな前振りがあるので、尚更わくわく。


柄杓があるんだもん。ここでしょ、きっと。


アレってなんだ。


上流を辿る。


わざわざ岸辺の小石をまたいで水にはまるお馬鹿です。


顔がふにゃふにゃになるほど、素敵な空気。


何やら神聖な趣です。

阿須須岐神社の「これなぁに?」は、後日ご報告します。
なーいしょ♪

鳥居まで戻って、正面から参りましょう。


両部鳥居ですね。

笠木の上などには檜皮が葺かれています。素敵♪


寛政年間は江戸中期、光格天皇の時の年号。1789年1月25日~1801年2月5日。

鳥居横には別途、手水舎がありました。


おや。にぎやかな。


「とーちゃんの動く玉」はこちらのお社でしたの。うふふ。


ぶっといあんよ。

でもそんな事言ったら、かーちゃんに叱られるぞ。


子狛って、どの子も全身で甘えてますよね。


助っ人とーちゃん。




とーちゃん、どんな時も子狛の味方。

我が家の両親、かくの如し。


子狛はとーちゃんの真似っこがしたくて仕方ない。


子狛には気が利くとーちゃん。かーちゃんにはデリカシー喪失。

では、改めまして。


ではお詣りれっつごー。


あら、すてきな阿須須岐神社です。

つづく。


阿須須岐神社
《住所》京都府綾部市金河内町東谷1




※当社の社号は資料によって「阿須須伎神社」「阿須須岐神社」「阿須々伎神社」などと表記が異なっています。記事では鳥居扁額に記載されている表記に統一しました。


いつも応援いただきありがとうございます。ないしょないしょの垣根の内。清々しい空気を運んでくれる山からのお水の流れがお社を囲んでいます。いささか「じゃぼーっ」過ぎて、台風や豪雨の時が心配です。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
スポンサーサイト



プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼