FC2ブログ

木葉神社。ねんねこねんねこおろろんよー

こんにちは。


駅周辺の道は、車一台やっと通れる幅。昔ながらの集落です。

紀勢本線は新宮から紀伊田辺は単線。国道42号と並行。
でも電車の方が海辺を走る区間があって、酒も飲めるし、ちびっと羨ましい。

昨年、ここをトワイライトが走行したので撮り鉄軍団に遭遇。何も言うまい。


いろいろ考えると心が痛みます。

さて。紀伊田辺駅から数十メートルに鎮座するのは。


木葉神社。

カーブミラーが大きい所は、対向困難な場所。ちゃんとミラーで確認しながら走りましょう。


白くてひらぺったい石(浜石)が敷かれています。


几帳面な神職様がいらっしゃるようです。好き。


合言葉かしら。ねんねこー!


そんな。狛犬様のようなくそ重い大切な方を投げるなんて。


あ、ボールね。


ほーい。


・・・。


♪しょげないでよ、ベイベー♪


なんだか罪悪感が。


お座りしましたねぇ。


行くかー!


それは認めましょう。


ねんねこ祭とは。


(クリックで拡大します)

12月の第1日曜日午前6時より始まるねんねこ祭。

情景豊かな文面が和歌山県神社庁様のHPに記載されていたので、以下引用します。

「前夜から社務所で仮泊していた斎主・神官・祭典奉仕者たちが、夜が明けると神前に参入、祝詞奏上をすませ、日の出を拝むために行列して遥拝所へ向かう。」



「天蓋を持った若者を先頭に高張竿灯・潮桶を持つ婦人、それに次いで御飯持ちが続く。」



「御飯持ちは美しく盛装した少女で、御飯や榊の葉を納めた大きな丸桶を両手で支え、介添の婦人に支えられてゆっくり進む。

斎主の振る鈴に合わせて、一鈴一歩。150m程の道程を1時間余りかけて渡行する。
行列の後部には、笛・屋台太鼓・獅子囃子が続く。」



「そのころ熊野灘に赤々と太陽が昇る。宮司を先頭に行列して来た人々は礼拝をする。宮司の祝詞は朗々と伝わってくる。
拝礼した人々は神前に帰り、神官の湯立の祓いを受け、前半の儀が終わる。」



「祭りの後半は子守神事で、拝殿で催される。
神前に供えていたゴザを取り、素朴な所作でおんぶした形をとり

『ねんねこ、ねんねこ、おろろんよ~……』

と唄いながら回し、御幣持ちや少年によって繰り返される。

このあと枕のような形のものと、乳房のような形に作った米の包を神前から受けて同じような所作を行う。」



「その後『弓取神事』が行われ、祭典を終える。次に青年たちの獅子舞が行われる。」



「このように当社の『ねんねこ祭り』は、太陽崇拝・安産祈願・子育て祈願・五穀豊穣・大漁祈願等、混然一体をなした特色ある祭りである。」(以上「」内は和歌山県神社庁HPより引用)



古くから「祢んねこの宮」といい、多くの人々に親しまれ、特に安産育児小児の難病に御霊験が厚いと伝えられている木葉神社。


お参りしましょ。


ねんねこ祭も素敵なのですが、木葉神社の凄さはこの先にあるのであったー。


つづく。


いつも応援いただきありがとうございます。旅先でぶらぶらしていた時に「ねんねこ祭」のポスターを見かけて立ち寄ってみました。狛犬くんをじーっと見つめる変な人にも、お参りに来た親子連れさんが明るい声で「おはようございます♪」と声をかけて下さり、とても気持ちよく参拝させていただくことが出来ました。きっと普段からそんなご挨拶をされているのだろうと、無愛想な我が身に恥じ入った次第。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼