FC2ブログ

おのころ島神社。せきれい先生の内緒教室

こんにちは。


再びの淡路島。


淡路島の内陸部に鎮座するおのころ島神社。

ここは古代の御原入江の中と言われ、伊弉諾命・伊弉冉命の国生みの聖地と伝えられる丘。

古くから「おのころ島」と伝わるお社。


干支の土鈴、めぇめぇ君とはこちらで出会いましたの。


さわやかな感じ。



【祭神】伊弉諾命(イザナギ)と伊弉冉命(イザナミ)

イザナギ・イザナミの二神は天の浮橋に立ち、天の沼矛を持って海原をかき回します。

その矛より滴る潮が凝り固まって島となりました。
これが「自凝島(おのころ島)」。

二神はこの島に降り立ち、八尋殿(やひろでん)を建て、先ず淡路島を造り次々と大八洲(おおやしま)を拓かれたと古事記・日本書紀に記述されます。

おのころ島が国生みの場所。

さて。国生みの次は。


せきれい石。

イザナギ・イザナミの二神は、この石の上につがいの鶺鴒(せきれい)が止まり夫婦の契りを交わしている姿を見て、夫婦の道を開かれ御子様をお生みになられました(現地説明書)。


・・・(///∇///)


そして二人は神生みを始めます。



摂社・八百萬神社の祭神は、イザナギとイザナミの産んだ神々。

・・・ここにお参りすれば最強?



きれいだわ。


この鳥居、かなり遠くからも見ることができます。


まいど。


忘れてた。せきれい石のお参り作法。

新しい出会いを授かりたい時、今の絆を深めたくて一人で来た時と二人で来た時、それぞれ白と赤の縄を握る順番などが定められていました。



いつも応援いただきありがとうございます。さわやかな少年二人が仲良くせきれい石の「二人で一緒に今の絆を深めたいのよ」作法をしてました。日本の未来はレインボーです。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
スポンサーサイト



プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼