FC2ブログ

洲本城。東の丸を探検。年代異なる石積と曲輪。

こんにちは。


(クリックで拡大)淡路島の洲本城。上が北側。


今も残る巨大な石積の城を作ったのは


脇坂安治君。

目印は、知恵の輪のマーク(違うよ、輪違い紋だよ)。
発掘調査で洲本城から出土した瓦は、脇坂さんちの輪違い紋のみだとか。


安宅氏時代から武勇名高い淡路水軍を引き継いだ脇坂安治。
水軍をまとめたり、洲本城を作ったり、多忙。

だって戦国時代の真っ最中ですもの。


洲本城の中で、最初に作られたという東の丸。
こんな感じでてくてくしました。

まずは、赤い矢印コース。


東ーの門(画像では途切れてる右端)を入ると


武者溜。


武者溜の周囲を支える石積。


東二の門です。(紫の矢印の示す狭いところ)

ここを通る前に右側の石積に添っててくてく。


一部崩落。

(赤い星印の辺り)

洲本城の東側で第一線となり、本丸を守ります。
高く長く連なる石積は文禄・慶長初期の構築といわれています。


石積を直角に曲げず鈍角になっているものを「シノギ角」といいます。


東の丸の北側の急斜面に築かれた石積。

この奥には、登り石垣がありますが危険なので行きません。

登り石垣。

これは自然石が連なっていたのですが、登り石垣はこのように斜面の上下方向に走っている石積。



斜面をよじ登ってくる敵の横方向の動きを食い止める働きがあります。
異国での戦いで学んだ石垣で、洲本城の他は松山城、彦根城に見られます。


彦根城の登り石垣。

洲本城では、山の高さ140mの本丸から麓まで連なるため、階段状。
登山道を通ると見ることができるとか。宿題。

この辺り、私には面白かったんです。


ぼたもち君がいますの。


三熊山一体が岩山なので、石積の材料には困らなかった事でしょう。


石積くん、満腹だそうです。


上には何があるのか探検たんけん。

(紫の矢印のコース)


東二の門を通りまして。


なんとなーく、石段があったので。


入口。

ここは東の丸の南側と東側を囲む曲輪部分。
周囲は低い土塁?・・・ただの盛り土かしら。

東の丸全体は、小高い地山に作られています。


一段高くなっているのは東の丸。
この曲輪で敵の攻撃を食い止めるのかな。

曲輪を北側へ進むと石積。


角の積み方から、天正年間のものと推定される、洲本城で一番古い石積だとか。

秀吉の淡路・四国攻めの際に安宅氏洲本城は開城。
城主は仙石秀久となり、次に脇坂安治。この頃の構築の石積。


うふふ。おもしろーい。


東の丸内部へ入る階段。

(紫の丸印の辺り)


ここは小高い地山の上。

そして、北側には

見張ったのかな。



★ここの下は崩れているので端っこに近付いてはいけません★


現況はこの高石垣の上。崩れかけていますから。


まず、信長の命令で秀吉が淡路・四国攻めを行った天正年間に東の丸を構築。

信長死後、秀吉晩年の文禄・慶長初期に、地山の補強と防御の為に高石垣を構築。

そんな感じ。


すんません。

(青い矢印のコース)


安宅氏が1526年に洲本城を構築する際に勧進した八王子社。磐座。


八王子社へ下りる八王子木戸という出入口。

正面に見える柵の向こう側は

斜面に添って石積がうねっております。

これが、東の丸の北側になります。入ってみましょ。


東の丸の出入口。


目の前にこの石積。


恐らく二段目。

東の丸の北側を見下ろすと

北側から山を登ってきた敵さんも、いきなり東の丸に着いたらびっくりするでしょうねー。

まずここで食い止めるのかな。


南側に残る石積。
南側にも、曲輪があります。


図面青丸部分。


こんなとこで煮炊きしたのだろうか。

第一、釜にしてはでかいので、これは何かなー。


次に現れたのがこれ。


危なそうなので上がりませんでしたが、ここの向こう側は、さっき見たこれ。


東の丸内部へ入る階段。


洲本城、楽しいです。



ないしょ。


いつも応援いただきありがとうございます。洲本城の東の丸付近は崩落している部分が多いので、散策は自己責任です。今回は真冬の訪問なのでハチやヘビはいなかったのですが、暖かくなったらうじゃうじゃいるので、やめておきましょう。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
スポンサーサイト



プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼