FC2ブログ

洲本城に磐座?巨石重なる城の鎮守。

こんにちは。


ごきげんよう。


淡路島の洲本城。

熊野水軍である安宅氏が1526年より構築したのは中世山城。
その後に洲本へ入り、石積を駆使して現在残る城を作ったのは脇坂安治。

脇坂時代の中でも変遷が見られる石積。ぶらぼー。


四苦八苦したんだろうなー。


石の天国。


大手側の虎口へつながる大石段。


めんどくさいです。


左折してー。


やっと本丸。


本丸を囲むのは、武者走台。


外側からは見えません。

天守台にそびえる天守は、昭和3年に作られた日本最古の模擬天守。


洲本城下が眼下に広がります。


阿波藩蜂須賀家の領地となった後は、下の城で政務を行いました。
筆頭家老の稲田家が城代となり、淡路島を治めます。

下の城と稲田家屋敷跡が見えます。


天守台から洲本城下方面の斜面には、一直線に並ぶ大きな自然石が。


一旦大手大石段を下りて、下から本丸の石積を見学。


崩れている方へ向かうと。


大きな石をそのままにして、石積を組んでいます。不思議な石。


うろちょろしている場所は3mほどの高さがある曲輪。矢印の方へ歩きます。


通路は石積になってました。


石積の下から石積。


戦国真っ盛りの脇坂安治時代。常に臨戦態勢?


八王子社、の鳥居があります。はてな。


ここは、八王子木戸、の名前の出入口。

私、北へ向かってます。山の下は洲本の城下町。


外側から見た。お向かいの石積の奥は、


東の丸の石積が連なってます。

さて。こっち側には、


びっくり。


脇坂時代には、これ、ありません。


現れたのは大きな石。


1526年。熊野水軍の安宅治興が洲本城を構築する際に勧進した八王子社。


・・・これ、磐座ですよね。


古墳とか磐座は、常にどきどきどき。

まぁ♪パワースポット~♪とかではなく、崩落せんかと、どきどき。


例え腰が引けていようとも。

ご神体は、さざれ石の巨石。


支え合う巨石。


一人は皆のために、皆は一人のために(違)。


怖いと言いつつ裏へ回り込むと、さらに巨大なさざれ石。


背中に冷や汗かきつつ、お参り。


洲本市のパンフには、蛇神様を祀る、とありますが。

この磐座は洲本城の天守台の真下の北側斜面にあり、一列に並んでいた巨石の一部。



安宅治興時代の洲本城は、石積ではなく中世山城の土の城だったことを考えると、ずっと以前から磐座は存在していたのではないかなーっと、からっぽ頭は考えてみました。


洲本城の面白いのは、戦国真っ盛りの脇坂安治時代の繰り返し強化した石積と、自然石の巨石群がごく自然に並んでいるところ。

うきうきです。


いつも応援いただきありがとうございます。洲本城のある三熊山の巨石群。お城を訪れた時は、ぜひこのお社にもお参りください。ぞわぞわしながら。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
スポンサーサイト



プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼