FC2ブログ

諏訪神社の狛犬ぱらだいす。蜂須賀家はわんこ好き?

こんにちは。


美形なのに不運な狐兄弟。


ちびっこ狛犬の群れ。


まだおった狛犬。

徳島市の諏訪神社。蜂須賀家政が創建したのよ、というお話をかっ飛ばしてもいいくらい、ここは楽しいお社。


やっと辿り着いた諏訪神社。

徳島市周辺は、鎌倉時代より伊予国地頭の河野氏が支配。
室町時代に細川頼之が四国地方にあった南朝方の勢力を討ち、現在の徳島城のある城山に小城を築きました。


ちょっと大柄な狛犬ズ。

頼之はこの辺りを中国の渭水に例え、この地を渭津、山を渭山と名付けたといいます。


どうしようかなー。

戦国時代、阿波の地は群雄割拠の時代となりますが、1582年(天正10年)、土佐国の長宗我部元親が侵攻し阿波が平定されました。


しめ縄飾りすら風にたなびく強風。

1585年(天正13年)、豊臣秀吉の四国征伐に勲功のあった蜂須賀家政(蜂須賀正勝の子)が阿波国18万6000石を賜り、徳島に入封。


がんばれー。

当初は徳島市西部の一宮城に入城しますが、山城故に不便。
入封早々に平山城の徳島城を築造し、翌年完成。

徳島藩主蜂須賀家は移封なく明治維新を迎えます。


この鳥さんのような三角のお顔、徳島の狛犬くんの特徴らしく。


手袋してマフラーぐるぐるにしてても、寒い。


好きと言いつつ、かーちゃんを踏んづけておりますが。


ふふふ。

1585(天正13)年。徳島藩主蜂須賀家政が豊臣秀吉の命により徳島城を築城した際に、創祀されたと伝わる諏訪神社。

「渭津五社」の随一と称され、蜂須賀家の崇敬を受けます。


奥に「渭津五社随一」の額。

「渭津五社」とは、もと渭津(渭山、猪山、城山、等と称す)にあった5社。現在残るのは諏訪神社、伊勢祠、住吉社、龍王宮、弁天社の4社。



祭神は、建御名方神(たけみなかたのかみ)。

建御名方神は神(じん)氏の祖神。
神氏の後裔である諏訪氏、他田氏、保科氏などの諏訪神党の氏神。


拝殿内部の奉納画。


本殿だけ真っ赤。

長野県諏訪市の諏訪大社を始め、全国の諏訪神社に祀られている建御名方神。

「関より東の軍神、鹿島、香取、諏訪の宮」(『梁塵秘抄』)とあるように軍神として知られ、また農耕神、狩猟神、風の神として信仰されています。


神紋の鎌。

神紋の鎌は、建御名方神が信濃国諏訪を領有するにあたり、「山国はイバラを切り開くが如しだぜ、べいべー」と、ぶーぶー言いながら鎌を用いたという故事によるもの。


丁寧に申したつもりなんですが。




絶景かなー。



諏訪神社は、藩主蜂須賀家の崇敬篤く、社殿の修理造営等は全て藩費で行われました。よかったよかった。



さぁて。帰ろっと。


せっかく石橋があるのだから、渡ってみましょ。


んまっ、まだ、おったー!


わんこさんなのに、八頭身。


みよーな色気のある狛犬くんです。


むっちり。


どうだっ。むちっ。


ここは諏訪神社の末社、事代主神社なのでした。

おや。お隣にまだお社があります。

天神社さん。


うおーう。おちびちゃんがおったー!

かわいいなー。徳島の狛犬くんって。


私もちびちゃんに会えて嬉しいぜ、べいべー♪

とても幸せな気分の諏訪神社でした。


さて質問です。

諏訪神社には、狛犬ズは何組いたでしょーか?


いつも応援いただきありがとうございます。狛犬くんに会いたくなったら諏訪神社へ是非。摂社末社にまでわんわんてんこ盛りでした。あ、美形狐兄弟も忘れないでねー。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。

狛犬くん、何組?の正解は、下の《続きをよむ》をポチっと。

続きを読む»

スポンサーサイト
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼