FC2ブログ

たとえどれ程歴史があろうとも。手水舎で見る人の心。

こんにちは。


大親友さんから届いた宮崎のかほり。

くぅ~♪幸せだぜい。


那智の滝と熊野那智大社周辺。


熊野那智大社本殿。いつか初詣に行きたい。


常に参詣の人々で賑わっているので、龍くん兄弟が頑張っております。


大勢のお客様をお迎えするのは、高野山奥の院も同様で。


こうやくん。


奥の院の大型バスも使える駐車場からはこちらの入口。


柄杓を多数揃えてお待ちかね。ざくっと40本以上。


場所を三重県熊野市に移しまして。


花の窟神社のご神体。


ここはイザナミのお墓。なぜ亡くなったのかといえば。


火の神カグツチを産む時に体を焼かれたから。

そのカグツチを産んだところが。


産田神社。


ここの狛犬くんは、どんっとでかいです。


カグツチくんと戯れる大型犬。


う。


わ。


手水舎の龍くんも、カグツチくんを楽しませているようで。


次は京都へ。


京都市西京区大原野の大原野神社。

784(延暦3)年。桓武天皇の長岡京遷都時に、后である藤原乙牟漏が藤原氏の氏神である奈良春日社の分霊を勧請。

大原野は鷹狩を行っていた場所。
850(嘉祥3)年。文徳天皇(祖父が藤原冬嗣)が社殿を造営。


猿沢の池ならぬ「鯉沢の池」。



奈良春日社(春日大社)と同じく藤原氏の氏神を祀るので、神使も同じく。


鹿くんがお迎え。


さらっときつい。


手水舎の鹿くんも、さらっときつい。


京都府南丹市へ移動。


園部町の九品寺。鎌倉時代後期建築の大門。


覚行法親王の墓所。

覚行は白河天皇の第二皇子。京都の仁和寺の第三代門跡。
出家後に親王宣下を受けて、初の法親王となった人。


宮内庁管轄。


白河天皇と九品寺の関係は。

白河天皇が皇后藤原賢子の安産を祈祷させたところ、無事男児を出産。

第二皇子の覚行親王を中興開山として入寺させ門跡寺院として復興。


そんな歴史を持つ九品寺。

明治の廃仏毀釈と神仏分離等により荒廃。
寺宝はメトロポリタン美術館に売却されてしまいました。


本堂。

ここの下にあるのが手水舎の名残。

どーにもならん。


すみませんすみません。


今はご住職さんがおいでのようです。


園部町のお隣の亀岡市。


穴太寺。西国三十三箇所巡りの第21番札所。


仁王門の横のお社で、ちびっこ狛犬くんがお迎えしてくれます。


まっつぐな龍くんも、お迎え。


三重県尾鷲市九鬼町の九木神社。

目の前が海なので、こうなる。


兵庫県姫路市の英賀本徳寺。

割と頻繁に見かける石棺のお手水鉢。


兵庫県たつの市の龍野神社。

龍野藩主脇坂氏の藩祖・脇坂保治が祭神なので、脇坂さんちの輪抜き紋がいっぱい。


京都府綾部市の八幡宮。

山家藩の陣屋そばに建つお社。


山家藩主・谷氏の家臣や住民の崇拝を受けていた八幡宮。氏子114戸。

しかし。

明治6年。財産及び社殿等の不設備を以て京都府は郷社であると認めず。

え。ハコモノないとあかんのかいっ。



昭和9年以後田畑山林約5町歩と金子若干併せて基本財産約1萬円を達成。ようやく昭和12年拝殿及び所属舎等が完成。



しかし、時は非常時へと突入。

昭和15年、紀元2600年の記念事業として前計画を認められ、住民一同の絶大な支援を集め、指定郷社の指令を受けて、社殿の上棟兼竣工式を成し遂げました。

そして終戦。

昭和26年法律第126号を以て宗教法人法が制定され、自然村社郷社の如き社格を示す従来の名称は廃止。



昭和27年宗教法人八幡宮としての証明書を神社庁より受け登記し、昭和28年京都府知事より認証を受けたのです。



こんな過去のある八幡宮。


大切に大切にされているのです。


ここが一番お気に入りの手水舎なのでした。



いつも応援いただきありがとうございます。長くなってしまい申し訳ありません。熊野では神話の世界が広がり、都に近くなると教科書に載っている人物が躍動し。それでもやはり寺社を大切に思う檀家さんや氏子さんがいなくては、荒れてしまうものなのですねぇ。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
スポンサーサイト



プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼