FC2ブログ

蒲生氏郷。故郷への想い。滋賀県蒲生郡日野。

こんにちは。


がぁー。


んもー。

ということで。


(馬見岡綿向神社)

蒲生氏郷。

13歳の時、蒲生家の人質として織田信長のもとに送られ、14歳で伊勢大河内城の戦に初陣。

大きな手柄を立てた氏郷は、身柄開放と信長の娘の冬姫との婚姻を得て、故郷の日野に帰ります。



氏郷は信長のもとで学んだ楽市を奨励し、商業を保護。
領内の行政、経済の改革により、日野は大きな繁栄の時代を迎えます。




日野城址。地元では中野城。


蒲生氏居城。

氏郷はやがて祖先代々の土地・日野から伊勢松ヶ島城へ転封。さらに会津に移り、92万石の大名へ。

その後、40歳の若さで京都にて病に倒れ、大徳寺に葬られました。


佛智山信楽院。蒲生家の菩提寺。

修理には数年かかるとのこと。


彫刻が豊かなお寺です。


鐘楼にも細かな細工が。

そして。


蒲生氏郷の遺髪塔。




故郷の若松の杜を思い、伊勢では「松阪」、会津では「会津若松」の名を残した氏郷。



文禄の役のため九州に赴く途中、中山道武佐宿にて、故郷の綿向山を仰いで、詠んだ望郷の歌。

「思ひきや人の行方ぞ定めなき 我が故郷をよそに見んとは」



氏郷の切ない思いは日野で味わうべし。ほろりん。


いつも応援いただきありがとうございます。若松の杜でちびっこ氏郷が遊ぶ光景を妄想し、綿向山を見て氏郷の歌を思い出し、ほろりとする日野。日野商人の質素堅実な町並や蒲生氏ゆかりの寺社巡り等、のんびり過ごすには良いところです。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
スポンサーサイト



プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼