fc2ブログ

高麗陣敵味方戦死者供養碑と日本赤十字。高野山奥の院。

こんにちは。


高野山奥の院編。


無数の供養塔等が立ち並んでおります。

その中にあるのが、こちら。


「高麗陣敵味方戦死者供養碑」

慶長の役で戦死、横死・病死した人々は数知れず。
敵方兵81500人以上、味方兵3420人とも。

1599(慶長4)年。
慶長の役から帰国した島津義弘・忠恒(家久)父子が、
敵味方の双方の戦没者の菩提を葬うために建立した供養碑。

石材は琉球石。
高野山にあるはずのないこの石は、島津家が運んできました。

供養碑の背後は島津家墓所。


薩摩・島津家墓所。(供養碑とは別の場所のもの)


向かって左が家久。
家久は、島津家18代。薩摩島津藩初代藩主。


「高麗陣敵味方戦死者供養碑」

「高麗国在陣之間敵味方闘死(以下判読不能)」と、中央にはっきりと書かれています。

戦の最中は敵味方に分かれて戦っても、死した後は敵味方の恩讐を越えて、区別なく同じように極楽往生させる「怨親平等」とは、仏教の教え。

敵も味方も同じように処遇する(恨み敵対した者も親しい人も同じように接する)事に違和感はありませんが、実行するとなると話は別。

島津義弘・家久親子を見直してベタ惚れです。




数百年後にこの供養碑が見直される事が起きました。

1887(明治20)年に発足した日本赤十字社。
国際赤十字社に加盟を申し込むも、拒否されます。

ところが、高野山奥の院のこの「高麗陣敵味方戦死者供養碑」の故事によって加盟が承認されます。


つまり、国際的にこの供養碑はまさに「国際赤十字社の精神」であると認められたのでした。




【日本赤十字社物語】

日本赤十字社の前身「博愛社」は西南戦争勃発の時に創立されました。

「西南戦争」の激戦地となった田原坂一帯(熊本県植木町)には、多数の負傷兵が。

佐野常民(元老院議員)は、当時ヨーロッパで既に活動していた赤十字のような救護組織「博愛社」の設立を政府(陸軍省)に願い出ます。


博愛社設立趣旨(規則第4条)
「敵人ノ傷者ト雖モ救ヒ得ヘキ者ハ之ヲ収ムへシ」


しかし、政府にはこの「敵味方の差別無く救護する」精神が理解されず不認可。

不認可にしたのは、陸軍卿代行の西郷従道(隆盛弟。薩摩の人)。
内戦は国家間戦争とは異なり、逆賊=犯罪者。双方の救護なんて駄目と。

佐野は意を決して熊本に赴き、元老院議長で征討総督である有栖川宮熾仁親王に直接願い出ます。

親王は博愛社の精神に共感し、中央に諮る事なく設立を許可。

1877(明治10)年。
ようやく「博愛社」は、熊本の地で、敵味方の差別なく、官軍・薩摩の負傷者の救護活動を行うことが出来たのです。

博愛社は1887(明治20)年に「日本赤十字社」に改名。
よってこの年が「日本赤十字社発足の年」。

そして、博愛社が設立され、救護活動を行った、熊本県玉名郡玉東町全体が「日本赤十字社発祥の地」といわれるようになったのでした。


薩摩の島津義弘の精神は、決して忘れないようにしたいものですな。


参考文献・サイト
高野山奥の院説明板。
日本赤十字社熊本支部HP→→→日本赤十字社熊本支部


いつも応援いただきありがとうございます。高野山奥の院でうろうろしていて初めて、この供養碑の存在を知りました。「敵味方等しく」の島津義弘・家久親子の精神を(状況は異なるにせよ)すっかり忘れて却下した薩摩の西郷従道。しかし、国際化の中で日本(赤十字社)を救ったのは島津義弘の精神。歴史は面白いなー。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
スポンサーサイト



プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼