fc2ブログ

ぷりっちり狛犬在住の大丹生。舞鶴の夜はフェリーと乾杯。

こんにちは。


丹後半島の浦嶋神社からちょいと走り


伊根に到着。


船屋て何かといいますと、


1階がお船のガレージで、2階がお住まいの、この伊根独特のおうち。


船屋を一般公開しているお宅や、カフェもあります。
狭い集落なので、車は指定の駐車場に置いて、てくてくと見学しましょう。

さあて。
丹後半島付け根の宮津の天橋立は駐車場の客引きが激しいので国道を勢いよくぶっちぎり。


西舞鶴の田辺城も通りすぎ


すんませんすんません。


まったり過ごす東舞鶴の夜。見たかった景色です。


新日本海フェリー。小樽と舞鶴を往復してます。

着岸時間わずか2時間あまりで、膨大な荷物(トレーラーの荷台だけ積載)の上げ下ろしと客室の清掃をします。

きっとあの中は戦場でありましょう。


小樽に着くのは、明日の夜。ああ、乗ってしまいたい。

そんな事をぶつくさ言いつつ、酒をかっくらって就寝。

朝。


舞鶴は海軍の街。海上自衛隊の街。
対岸に見えるのは、舞鶴湾を挟み陸続きの大浦半島。


やどかりかりかりの車止め。


船の中にプラネタリウムがあります。こんなすっとぼけた施設があるのは。


関西電力舞鶴火力発電所があるからで。


関電からの贈り物達(怒)。

さて、ここから少し海沿いに移動すると。


そう。山王やし、です。か?


石製両部鳥居、といいます。山王やし・・・?


「山王宮」かな、ねえねえ。


神社本庁への届け出名は山王宮ではなく「大丹生神社」。
この辺りの地名は、大丹生。

【祭神】大山咋命(日吉大神)
【由緒・創建】不明
江戸時代までは山王権現と呼ばれていましたが、明治時代以降、何時の頃か現社名に改称されたようです。


境内社:大川神社、八坂神社、稲荷神社、塩竃神社、招魂社、乙女神社、淡海神社


このかわいい建物の中に本殿。


くぅー。かわいいっ。


ちょっと愛でさせて。


ぷりてぃーなおちり、で、ぷりちー。


なんとツボを心得た後ろ足の内股っぷりでしょう。鼻血が洪水です。


他の人に頼んで下さい。


いじけた姿で言わないで。鼻血が。


海でボール遊び、いいねいいね。


目の前は海ですものー!


あれ?男の子だ。


ごめんごめん。

お姉さん、ちょいとやってみたいことがあります。せーの。





すっきり。今でも踊れるピンクレディー世代。


御協力ありがとうございました。



いつも応援いただきありがとうございます。舞鶴は、田辺城や寺社が建ち並ぶ細川幽斉様の西舞鶴と、赤レンガの建物が並ぶ海軍の街の東舞鶴に分かれています。ぷりっけつの狛犬に鼻血が止まりません。体の模様の細工が細かく愛情がいっぱい込められた二人です。あー、ほっこり。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
スポンサーサイト



プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼