FC2ブログ

桜満開の彦根城最終回 ここに来たらこれを見よう!登り石垣と馬屋の巻!

表門の石垣でご紹介した、これ。
チケット売場手前の頭の上にあります。案内板の並ぶ少し手前から見上げたら、よく見えます。




まず、攻める側の動きを考えてみましょう。

城攻めに、こんな猪ばかりなわけはなく。



こんな方々には、こうやって対応する。


変な色に塗った所が「登り石垣」。
名前のまんま、山の斜面を登るように設けられた石垣で、横方向の侵入を防ぐ役割。
彦根城では下記の〇印のところにあります。


(現地案内板より)

現場確認。

矢印が、登り石垣。
当時は石垣の上に構築物と瓦があり、さらに高さがあったらしく。

そして、登り石垣の外側には、「堅堀(たてぼり)」を作って高低差を出します。



堅堀にのんきにはまっていると、上からつつかれたり、いろんなもんをどすんどすん落とされます。

登り石垣は、異国へ行った後より見られる新しい形で、他には洲本城(兵庫県淡路島)や松山城(愛媛県)など限られた城にしか見られないです。


さて、次はこれ。



馬小屋ではなく、馬屋。馬鹿、でもない。



近代城郭の中でこれほど大規模な馬屋が残存しているものはなく、国の重文に指定されています。

中はどうなってるか現地確認。



見せてっ


床下にはカメが置いてあり、ここへ流れるように緩やかな傾斜がとってあります。





21頭もおける 屋内駐車場 馬屋は当主専用。お客様には表御殿横の 駐車場 馬屋が用意されてます。

有事の時の先鋒は井伊家とされており、平和な江戸時代でも常に馬術の研鑽に励んでいた様子が(なんとなく)わかります。


特別出演・広峰神社のおんまさん。(この方の正体はカテゴリーの広峰神社、をご覧ください)(リンクの仕方がまだわからん…)

さーてと。




仕入れに行くかっ!彦根だもんな!


京橋口からまっすぐてくてくすると、きれいな街並みの「夢京橋キャッスルロード」に。
そこの酒屋さんの「酒売処林屋」さん。地酒試飲できます。

まいどー。


彦根といえば、「金亀」でっせ!

彦根城があるのは、金亀山(こんきやま)ですもーん。
彦根城は別名、金亀城(こんきじょう)!

でも、酒は金亀(きんかめ)。

これがですなあ、きゅきゅーっと飲めてしまうのですよ。

初めて教えてもらったのは、大阪のお初天神の境内隣地にあるお店。
そこの大将が彦根の人で。酒は金亀やで!って。
おつけものだけで酒をいただける…そんな大人(のんべー)なお酒の味です。


のんべーの酒語りは長いのでそろそろ潮時。

桜満開の彦根城、いかがでしたでしょうか?


…えへ。地元の方ならうすうす気づいておられましょう。

はい、今回は無料ゾーンでゆっくり花見をしてました。
天守に向かったら、弊ブログは「彦根城石巡り」になってしまうわーってのを口実に春の彦根城はこれまでにて候。





こんな彦根城、秋にはこうなります。



おいでやすぅ


ブログランキングというものに参加してみました。
ポチ、して下さったら「あへぇー」の、お馬がお迎えに参上致します

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
にほんブログ村
ありがとうございます。
スポンサーサイト



プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼