FC2ブログ

松江藩のたたら製鉄と鉄師。不昧公本陣・櫻井家住宅

こんにちは。


塙団右衛門、参上。

大河「真田丸」記事はこちら⇒⇒⇒真田丸第46話「砲弾」塙団右衛門参上!
http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-1107.html

大坂の陣で討死した塙団右衛門を祖とする松江藩の鉄師・櫻井家のお話。


【松江藩とたたら】


たたら製鉄を行うには、大量の炭を砂鉄と共に投入。

大量の炭、つまり、広大な森林が必要。

たたら1カ所、大鍛冶場2軒で年間130町歩(約1.28平方km)、30年伐期で3900町歩(約38.67平方km)の森林が必要。(明治期の絲原家の見積による)

一発屋ならば伐採しまくって山をおはげちゃんにしてしまいますが、産業として持続するには、森林資源の永続的な確保が必須。


そこで松江藩がとった政策が「出雲鉄方法式(てつかたほうしき)」

享保11年(1726)松江藩は、領内の鉄師9人、たたら10カ所、大鍛冶場3軒半に限定して独占的な経営を保証

合わせて鉄師が持つ山に加え他人の山や、村人達が所有する山で焼かれる炭を買う特権も付与。場所と範囲を細かく取り決めます。


この時定めた鉄師9人は、炭焼きのための広大な森林を所有する大地主でもあり、面々は

櫻井家(奥出雲)、田部家(雲南市吉田町)、絲原(いとはら)家(奥出雲)、卜蔵(ぼくら)家(奥出雲)、杠(ゆずりは)家(奥出雲)等

このうち、櫻井・卜蔵・田部・絲原は「4鉄師」として維新後も残り、大正の「一斉廃業」まで続きます。


《鉄師・田部家》


永代たたら製鉄操業を行う高殿。高殿として現存唯一の建物。


炉は操業の都度壊しますが、地下構造は永続して使用可能なので「永代」たたら。


何度もこうして操業されたのでしょうね。(新見市中世たたら再現)


菅谷の高殿を中心とする吉田地区は、田部家のたたら。


《鉄師・櫻井家》


櫻井家といえば、ダンえもん。

わたくし、かなりお気に入り♪


《団右衛門長男、第2代直胤(なおたね)(1592-1652)》

父・団右衛門が大坂の陣で討死後、母方の旧姓「櫻井」を名乗り、可部郷(現・広島市可部付近)、高野(現・広島県庄原市/たたら製鉄の地)で製鉄業を開始。

《第3代櫻井三郎左衛門直重(1619-1679)》

正保元年(1644)島根県奥出雲町上阿井呑谷へ。

屋号を「可部屋」(第2代直胤が移り住んだ「可部郷」より命名)とし、
「菊一印」の銘鉄を生み出します。

この「菊一」。

琵琶湖東側、長浜在住の鉄砲鍛冶集団である「国友」。
幕末まで製作されたいわゆる「国友鉄砲」の、特にネジの部分に用いられたのが櫻井家で鍛えた「菊一」。

「国友」の年寄脇国友一貫斎藤兵衛より「最も良い鉄砲地鉄」として認められ、櫻井家は松江藩から「御鉄砲地鉄鍛方」も命ぜられます。


《第5代櫻井源兵衛利吉(1699-1773)》

1726年、松江藩「出雲鉄方法式」制定。
たたら製鉄操業は9人の鉄師に限定。

利吉は、「鉄師頭取役」に。

また、現在の櫻井家所在地(奥出雲町上阿井内谷)に居を構え。


山奥ですけど・・・(T▽T)


元文3年(1738)築の母屋は、第5代利吉当時のものが現存。


太線が重文。


櫻井家住宅前には、川。

斐伊川は、上流で山砂鉄を採取したことにより下流に砂鉄が堆積。


《第6代櫻井勘左衛門苗清(1749-1819)》

藩主は、松平治郷(不昧公)。お菓子 お茶好きな藩主。


塙団右衛門の四女は、伊達政宗の側室。

不昧公の正室は伊達宗村の娘。何となく親近感。


櫻井家を本陣宿とし、以降藩主が訪れること6度。

住宅内部は、廊下が殿様用と家臣用に段差がつけられ、殿様部屋は高くなるなど、お迎えする櫻井家はとても気配り。

さらに。


享保3年(1803)不昧公の初訪問に際し作られた庭園。

ご機嫌な不昧公、庭園内の滝を「岩浪の滝」と命名。


江戸時代後期の南画家・田能村直入が逗留した掬掃亭(きくそうてい)


・・・謎である。


池の水は下の川へ放流。途中に水車。


後に賓客用に作られた新座敷。


さすが鉄師の家。


一番高い所に金屋子神をお祀りしています。


櫻井家住宅・可部屋集成館

島根県仁多郡奥出雲町上阿井1655




参考文献
可部屋集成館展示資料
可部屋集成館図録


いつも応援いただきありがとうございます。
大河「真田丸」で塙団右衛門が登場しなかったら悲しいなーと思っていたので、しっかり名札を配り夜襲もかけていたのでとても嬉しかったです。櫻井家住宅には資料館が併設され、代々の当主が集めた美術工芸品や、たたら製鉄の道具類や歴史の展示が充実しており、とても見ごたえがありました。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


お手数をおかけ致します。ありがとうございます。

中世たたら製鉄操業見学(4)炉の解体と操業の終了

こんにちは。


あちあちあっち。


きれいですねぇ。


熱いけどっ。


最後のズクを出した後、炭と砂鉄の投入を止め


13時より、送風管等を外しまして。


炉だけが、ぽつーん。


いよいよ、炉の解体が始まります。


かぎ先のついた棒で引っ張って


少しずつ炉の壁を落とします。


壊すのが容易なのは、


作る時に粘土ブロックを積み上げる構造だから。


炉の内部ではまだ火が残っているので、炉壁は高熱です。


熱いやら砂ぼこりやらで、たいへん。


切り込みを入れて、


引っ張って落とす作業を繰り返し。


ちびちゃんになったところで、炉の解体は終わりです。


ケラ押し法の場合(安来市和鋼博物館)


砂鉄は、炭と炉の内側の土の作用による還元反応で炉の中で成長。


炉を壊して、ケラを取り出し


冷やしました。


今回は、ズク押し法なので、


炉の下からノロ(不要物)と共に流しだし


必要なズクは、冷えたらパッカリとノロと分離します。


なのでちょっと平ぺったい形。


あとは炉が冷えるのを待って、底に残ったズクを取り出します。

ポイントは、炉壁の厚さ。


操業前はこれだけの厚みがあり、


底の方が分厚い「Vの字形」になっていたものが


壁が薄くなり(特に手前)、Vは拡がって凹形になっています。

砂鉄の還元(鉄にくっついた酸素を取る・酸化の反対)に、炭と炉の内側の土が反応を助けるため、炉が食われた感じです。

さて。

これで一昼夜続いた中世たたら製鉄操業再現は、おしまい。


そうね、そろそろ。


ばいばーい。

名残惜しいけれど、炉とさよならして、大阪へ戻りました。


いつも応援いただきありがとうございます。
砂鉄と炭を入れて、の繰り返しですが、操業を行う村下(むらげ)さん達の動きや炎の色、下から流れ出る真っ赤な鉄、どれもが初めて見るものばかりで、とても面白く拝見しました。はるばる新見市まで走ってよかったです。これにて中世たたら製鉄操業見学は、おしまい。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


お手数をおかけ致します。ありがとうございます。

中世たたら製鉄操業見学(3)ズク押し法とケラ押し法

こんにちは。


朝8時。朝ごはんに焼き芋食べて、元気もりもり。

皆様、徹夜の操業です。


既に炉からズク出しがされてました。


ず・く。

たたら製鉄の方法には二つあり。

ケラ押し法とズク押し法です。


1.ケラ押し法(直接製鉄法)

材料:主に真砂(まさ)砂鉄

特徴:砂鉄から直接、鋼のかたまりを作る。鍛えて硬く出来る。

用途:日本刀、刃物、工具


安来市和鋼博物館で年に一度行われた古代たたらの復元は、ケラ押し法。

ポイントは、新見市は中世で、こちらは古代という点。
炉の形が違います。


炉から流れるのは、ノロ。これは不要物のかたまり。うんぴぃ。


排泄物を出した砂鉄は、炉の中で成長。(還元反応)


炉を壊して、ケラを取り出します。


和鋼博物館に展示されている炉の形いっぱいに出来たケラ。

ここから、玉鋼などを取り出します。

一方。


ズク押し法で出来るのは、こんな形。なぜかしら?


2.ズク押し法

材料:主に赤目(あこめ)砂鉄

特徴:鋳物や鋼等のもとになるズク(銑鉄)を作る。
   炭素量が多く溶けやすい。

用途:溶かして鋳物。大鍛冶場で炭素を抜いて鋼(左下鉄)。炭素を下げて包丁、等。


ズク&ノロちゃん。

ケラ押し法では、炉の下から出てきたものはノロ。不要物。
ズク押し法では、ノロと共に目的物のズクが出てきます。


昨夜の炭だけの炎とは勢いも色も違うように見えます。


お。


ほじくって、


きゃ。


すごいなー。


穴にたまるようになってま


あふれた。


灼熱です。


ズクとノロの比重差や成分の違いで、冷えるとパカッと割れるそう。


まだあっちいちいです。


ノロず。


ズクず。


今回は、内緒の四種類の砂鉄をブレンド。


投入した砂鉄量と出来上がるズク量を記録するため、計測。


砂鉄を入れるのは、村下さんのお弟子さん。


あと数時間です。

次回、いよいよ炉を壊します。


いつも応援いただきありがとうございます。
夜22時に最初の砂鉄を入れ(初穂)、0時に初めのズクを出し、その後も絶えず炭と砂鉄を交互に入れる繰り返し。「よく寝ましたか?」と村下さんに聞かれて心がちくちく。今回の新見市での再現で、前回の操業と違うズク押し法というものを間近に見ることが出来てとっても満足。ご多忙なのにあほーに付き合ってご説明下さった皆様に感謝です。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


お手数をおかけ致します。ありがとうございます。

中世たたら製鉄操業見学(2)初穂式と操業開始

こんにちは。

岡山県新見市の中世たたら製鉄操業再現の見学。


16時過ぎ。入口に注連縄が張られました。


たたら製鉄操業を行う場所には、金屋子様が祀られています。


今回は一部をふいごで送風。

手前は、砂鉄の山に砂鉄をすくい入れるスコップを立てたもの。


使い込んだ手作りの道具です。


じぃー。


炉の乾燥のため焚いていた炭や薪。


17時より、操業の安全を祈願する神事と火入れ式。


この土地の船川八幡宮さんがおいででした。


20時。すっかり夜です。

この間、ホテルでご飯&シャワーしてました。へへ。
くしゃみして鼻をかんだら、いろんなもんが出てきてびっくり。


炭投下すると炎がぶわっと。

投下するのは、広島県庄原市の古代たたら製鉄再現隊の皆様。
応援に来たそうですが、この夜は広島カープVS日ハム最終戦。こほ。


地元の大学生達が交代でふいごを押したり引いたり。


火入れから4時間ほど。今はまだ砂鉄は入っておらず、炭だけの炎。


22時。最初の砂鉄を入れる「初穂式」。


操業場内に祀られた金屋子様にご挨拶したあと、砂鉄を入れます。


村下(むらげ)さんが見守るなか、半年以上もの間準備作業を行ってきた方々により最初の砂鉄が入りました。


この後、30分毎に炭と砂鉄を交互に入れる作業が15時間続きます。

玉鋼を作る本操業では3日間。これを「一代(ひとよ)」と称します。


炉の上部にあるでっぱりが、前と後ろの境目。


砂鉄は、二人の村下さんのお弟子さんがそれぞれを担当。


最後まで各々持ち場が決まっているようでした。


炉の下をのぞいて具合を見たり


炉の縁にこぼれた炭などをお掃除したり炉のひびを埋めたり


炉の横の下の送風管上部から砂鉄と炭の具合を見たり。


驚くことに、すべて素手。

要所要所で村下さんが確認していますが、基本的には二人のお弟子さんにお任せしているようでした。


村下さんの無言の厳しくもあたたかい目が、とても印象に残っています。


これから15時間、寝ずの操業が続きます。


いつも応援いただきありがとうございます。
炉のそばにいればぬくぬくなのですが、お外の気温は8度。歯の根もあわぬ寒さとはこのことで。車のヒーターをがんがんにしながら真っ暗な国道をひたすらホテルへ急ぎ、お風呂で「ほーっ」としました。だって片道200km強を翌日も走らないといけませんもの。睡眠、だいじ。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


お手数をおかけ致します。ありがとうございます。

中世たたら製鉄操業見学(1)岡山県新見市。炉の準備

こんにちは。

島根旅はまだまだ続きますが、まずは今日から鉄子。


岡山県新見市で行われた「中世たたら製鉄」操業。


新見市は東寺の荘園であった時代があり国宝「東寺百合文書(とうじひゃくごうもんじょ)」に「新見庄」の記述があります。


これは1400年代の「たまがき文書」

現在は人口約3万人の新見市。米子市と岡山市の中間点に位置します。


操業見学中にドクターヘリが来てびっくり。


ドクターヘリは有視界限定なので、霧等の時は来れません。

地域医療の現実を垣間見た感じです。


8:30。まだ炉は3分の2くらい。

水蒸気爆発防止の為の湿気をとことん排除する地下構造があり、その上に「下灰作業」という、炭や薪を燃やして叩いて圧縮、叩いて圧縮を繰り返した上に炉を作っています。

たたら製鉄の操業は、この準備が大変。
新見市のこちらは、地域の皆様が実に半年以上を費やして薪を集め、炭を砕き、下地を作った「中世たたら製鉄操業再現」なんですよ。


炉の下部が分厚い「V」型になってます。ここ、ポイント。


下の方では炭火で乾燥中。


熱くないのかしらと思いつつ、後の作業を見ればこれは冷たい部類に。


空気穴なのは私にもわかるぞ。ぶう。


内緒の土で作った粘土ブロックを


積み上げて~


ぺちぺちっと整えます。


火力を上げて、乾燥。


燃えてます燃えてます。


長い薪を入れて、さらに乾燥。け、けむい。


炉の横の空気穴付近の地面を整えて


みんなでわいわい。通気のための筒を取り付けます。


本来は、竹の筒(節を抜いて)に和紙を巻いたものを用います。


手前から「ふいご」等で送られた空気を分散&細くするとこ。

お祭りなどで売ってる、ふぅーっと吹いたらぺろぺろぺーっと紙がのびるアレ(何だっけ)のようなものかしら?


このままではあっちーちーなので、


土で覆って、お熱から守ります。


出来上がり♪


スコップ持ったかわいい後ろ姿は、村下(むらげ)さん。

たたら製鉄操業の総責任者です。


あ。


私の好きな、まんまるちゃん。何だかかわいいです。


ちょっと出ちゃったおへそみたい。

簡単なように見えますが、ここまでの作業が終わったのは15時過ぎ。
たいへんだー。


いつも応援いただきありがとうございます。
まだ真っ暗な大阪を飛び出して200数十キロを走り抜け、やっとたどり着いた新見市。10月に安来市和鋼博物館での古代たたら製鉄再現を見学していたのを村下さんが覚えていてくださって、おやつをいただいたり、とっても細かく説明いただきました。日本でただひとりの村下さんなのに、あほーな私にもお付き合い下さり申し訳なかったです。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


お手数をおかけ致します。ありがとうございます。

岡山県新見市で中世たたら製鉄再現。炉、炭、砂鉄

こんにちは。


焼きいもの朝ごはん食べて、えっちらおっちら。

やって来たのは、


岡山県新見市の、中世たたら製鉄再現の現場です。

新見市は、京都の東寺最大の荘園で『東寺百合文書(×とうじゆりもんじょ○とうじしゃくごうもんじょ)』に多数記述があり、鉄を納めた云々の記録が残ります。


前日にここまで作って


作業当日の今朝から、れんがのような土を練ったかたまりをのせて


美人さんにして


炭火で乾燥。


節を抜いた竹に和紙を巻いた送風管を炉に取り付けてるとこ。


17時より神事、火入れ式。


夜になったらヒトケタの気温。さぶっ。


火の加減を確認中。


あああ、あったかぁい。


22時より初種式(最初の砂鉄投入)。


炭と砂鉄を交互に入れる作業は、延々と日曜日の昼過ぎまで続きます。

というか、続いています。ふぁいやー。


いつも応援いただきありがとうございます。
岡山県といっても、ほぼ鳥取県と島根県。岡山市と米子市の中間にある新見市も、たたら製鉄が行われていた土地です。ほんとは徹夜で見ていたいけど、最低気温がヒトケタなのでホテルでお泊まり。寒くて寒くて。明日の朝も早起きして見に行きます。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


お手数をおかけ致します。ありがとうございます。

たたらの風景、棚田。砂鉄の鉄穴流しと刀鍛冶とんとん

こんにちは。

今日も、たたらでたらったら~♪



たたら製鉄の鉄原料である砂鉄は、どこからきたのかな。

元は小さな粒となって花崗岩などの岩石の中に含まれています。


砂鉄の採集場に残ってました。

砂鉄は採集する場所によって、山砂鉄、川砂鉄、海砂鉄があり。


①山砂鉄


風化した花崗岩系の山を崩して


【大原新田の棚田】水路(走りまたは井出)に流し込んで。

奥出雲等で見られる棚田は、砂鉄を採掘した跡に出来た平地を収入を得るため田んぼにしたため、形成されました。


大切な所は削らず島のように残るのが奥出雲の棚田の特徴。

既存の山の斜面に農地確保のために作られた棚田との相違点。


水路を流れる間に土砂が粉砕され、次第に土砂と砂鉄が分離。

砂鉄側を、いったん砂溜まりにためて、また流す。


【昭和47年まで現役の鉄穴(かんな)流しの遺構】

軽い土砂と重い砂鉄が分離し、最終的に、80%以上の砂鉄純度。

たたら製鉄で用いられる砂鉄は圧倒的にこれが主流。
山砂鉄があるから、奥出雲や中国山地にたたら製鉄が続いたわけです。


②川砂鉄

土砂と共に河川に流れ込んだ砂鉄は、延々と流れるうちに自然に土砂と分離。(山砂鉄と同じ理屈)

下流域になると川底に砂鉄が滞留。


浅い浅い川で砂鉄を採集したお船。


③海砂鉄は、川からさらに海へ出た砂鉄が、海浜に打ち上げられて砂浜のように堆積したもの。



たたら製鉄で出来たケラ(かねへんに母)は、どうなるのかなー?


業務用は大きいです。

この中から取り出したものが、刀剣の材料になる「たまはがね」。

ということで。

本日は、刀鍛冶を見学。


電動の送風機+ふいごで適宜送風。


真っ赤なたまはがねを、トントン。

刀鍛冶というと、昔風の装束を着た人がとんてんかーんっとするイメージですが、それはもっと先。

今日の作業は地味に、もっと前の


伸ばしては折り、伸ばしては折り。

刀剣はミルフィーユのように、伸ばした「たまはがね」が重ねられて出来ているんですね。面白いなー。すごいなー。


今日のシメには、お狐様。

こんなにしゅっとした狐面みたいな子、はじめましてです。

いい子に出会えて、ほくほくでした。



いつも応援いただきありがとうございます。
月に二度行われる刀鍛冶さん実演は、テレビで見るような三人がとんてんかんじゃないとこが、面白かったです。真っ赤っかなたまはがねの塊ですが、打つと「かーん」っときれいな金属の音がしました。むにゅっと埋まってしまわないのが不思議。そこまでどろどろじゃないんですね。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


お手数をおかけ致します。ありがとうございます。

古代たたら製鉄復元。安来市の和鋼博物館

こんにちは。

連休ですね。ってことで、


来ちゃった~、安来市へ。


和鋼博物館で年に一度行われる古代たたらの復元。


これは「菅谷」地区のたたら製鉄を行う建物(高殿)内。

ここに、砂鉄と木炭を交互に入れて、刀剣等のもとになる鉄の塊を作ります。


ちっちゃく再現。

今日は、ちょろっとだけご紹介。


最初の砂鉄を入れる儀式。「初種式」


木炭、投下。

これを繰り返していると、


炉の下から


砂鉄に混ざる不純物などが、出てきます。

「のろ」といいます。


冷えて固まった、のろ。

捨てるしかない「てつぐそ」(あらやだっ)

うんぴーのように、ちゃんと出さないと本体によろしくないみたいです。


空気穴からのぞいて、砂鉄と木炭との反応具合を確かめる村下さん。

むらげ、さん。役職名。

たたら製鉄において、全てを監督する責任者。

門外不出、一子相伝だったため、日本にはこの方しか残っておらず。


送風は機械で行っていましたが、ふいごを番子が交代で、つまり「かわりばんこ」で踏むのも再現。

これが、ものっすごいスピードでした。


最後は、炉を壊し


中から


砂鉄と木炭と炉の土が反応して出来た鉄のかたまりが。


これを水に入れて冷やして


ケラ(かねへん、に、母)の出来上がり。


本日のメニュー。


体重40kgのケラさんができました。

めでたしめでたし。


いつも応援いただきありがとうございます。
初種式に間に合ってしまうほどはやーく着いたわたくし。途中で博物館へ行ったりランチしたりしましたが、16時のケラ出しまでずーっと眺めてしまいました。アホかーって自分でも思いますが、面白かったです。へへへへ。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼