FC2ブログ

ひもろぎ残る産田の社。さんま寿司は弥生時代土器で召し上がれ。

こんにちは。

閑話休題再び。三重県熊野市の産田神社に戻りまして。


神生みのイザナギとイザナミ。


イザナミが火の神カグツチを産み、体を焼かれたところ。


丹波佐吉の美形狛犬の後に勇気を振り絞って登場。


この二人がいるとこ産田神社。


カグツチの誕生の地。


本殿の両横に、古代祭祀の跡、ひもろぎがあります。
神社の由緒書きによると、日本で二箇所しか残っておらず大変古くて珍しいとか。あと一ヶ所はどこなのかな。


撮影するのは憚られました。


こんな感じ。平たい石と周りを囲む小振りの石。

日本の古代においては神社に建物がなくこの「ひもろぎ」と呼ばれる、石で囲んだ祀り場(祭祀台)へしめ縄を張り神様を招きました。

ひもろぎ、とは、神霊「ひ」、天下る「もろ」、木「き」。


産田神社は伊勢湾台風の時に境内の樹木等に甚大な被害を受け、その際の調査によりここから弥生時代の土器が多数発掘されました。

日本の米作りが始まった頃に既にここは神々の宿る地であったのでしょうか。

この「ひもろぎ」に神を招く行いは、身近なものでは地鎮祭で見ることができます。祭祀始めの時の「降神の儀」。


神主さんが「むにゃむにゃむにゃ、・・・おおぉぉー」と言う、あれです。

臨時に作ったひもろぎに神を招き、地鎮の儀を執り行います。そして、最後に「昇神の儀」でお帰りいただきます。

素人には同じに見えまする…。

神事が終わると、神様に供えた神酒と供物を分け合います。
「神酒拝戴」と「直会(なおらい)」

産田神社では祭典の際、拝殿で行なわれる直会(なおらい)の時に「ホウハン」という特別な膳が出ます。


「ホウハン」の献立は、●米飯に白味噌を使った味噌汁をかけた汁かけご飯一碗●さんまを腹開きにし、骨を残したまま握ったすし●生魚を細かく切ったものに唐辛子だけであえ、二切か四切を皿にのせた「アカイ」など。

この献立にある、さんまを腹開きにし骨を残したまま握ったすし、が、ここ熊野市から那智勝浦にかけて名物になっている、「さんま寿司」のはじめだと。


で、さんま寿司発祥地。

今が旬の秋刀魚。この辺りにたどり着く頃には脂が落ち、引き締まった身になってます。それを干してさんま寿司に。美味しいですよー。

産田神社。境内をうろついててこんなものも発見。

盛った砂で囲まれたとこ。この奥に…


ズームって、ありがたい。

ところで。

ここに来て嬉しかったことがありました。
神社横の川、3年前の水害で落ちていた橋。


よかったー。


いつも応援いただきありがとうございます。カグツチの産まれたのが先か、弥生時代の祭祀始めが先か。うーん。やっぱ、弥生時代には既に火を使ってたから、カグツチ誕生が先?
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。


カグツチと遊ぶ愛しい狛犬。安産守護の大神、産田神社。

こんにちは。


微妙な高さのしめ縄さん。


イザナミがカグツチを産んだところ。産田神社。


今日こそはお参りするのだ。


鼻眼鏡に、前歯の抜けたじいちゃま。哀愁。




難関。




こっちが、ちっ、です。


限度があろう。


わかっていただけますか?会社には宇宙人がわんさかいてねー。


はい?


わはははは。


わろた。


お願いです。お参りさせてください。


土足厳禁。


「伊弉冉尊(イザナミ)が此の地にて軻遇突智(カグツチ)神を産み給ひし故に産田と称す。産田は、産処の義なりとす。」


祭神は、イザナミ・カグツチ。
明治になりイザナギ・天照皇大神・大山祗命・コノハナサクヤ姫命・神武天皇を合祀。

されど、

「御祭神の御神徳について今更申すも畏し諾冊二神の生成生育の神に坐すを以て当社は古来安産守護の大神として地方人の崇敬篤し。」(「」内は産田神社由緒より)

イザナミがカグツチを産んだ地として、安産守護の地としてここはあった。
明治政府の〇◆★○☆な方針に従い、天照皇大神などを合祀したが、いいですか、ここは、あくまでも、古来より、イザナミの産所として崇めてきたとこですよ、と。


おすまし狛犬ズ。


明治政府に逆らわず、おとなしく方針に従ったけど、譲れんもんは譲れん。いいですか、ここは、イザナミがカグツチを産んだとこ!わかった!?っという気概が感じられる説明が実によろしい。

まだここ、続く。うまうま名産品誕生の地とか、ひもろぎ、とか、あります。


産田神社
住所・三重県熊野市有馬町1814


いつも応援いただきありがとうございます。お茶目な狛犬ズに阻まれて先に進めません。世界遺産登録によりおかげ横丁みたいなもんが出来て一大観光地となってしまった花の窟神社。と、対をなす産田神社。ここだけは、荒らされたくないなぁ。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。

カグツチを産んだ産田神社

こんにちは。


伊弉冉尊、火神を生み給う時に灼かれて神退去(さり)ましぬ」

イザナミはカグツチを産む。
カグツチは火之神。身を灼かれて、イザナミ神退去ましぬ。


「故(か)れ紀伊国 熊野の有馬村に葬(かく)しまつる」

よって、熊野の有馬村に葬った。それが、花の窟神社。


花の窟神社から1.5キロ程のところに、カグツチを産んだ土地があります。それが、



・・・



・・・誰。


ここ、産田神社。


弱冠、しめ縄が低いような…。

ふむ。背の高い人なら、引っ掛かる。

とても静かです。


あなたたちですかいっ!


次回、産田神社、続く。


いつも応援いただきありがとうございます。花の窟神社がイザナミの墓所。こちらの産田神社は、カグツチを産んだ土地。でか狛犬さんがお迎えしてくれます。びっくりした。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。

イザナミ墓所。花の窟神社でシュールな神話。

こんにちは。


かわいい獅子岩くんから、すぐ。


はなのくつ、じゃないよ。はなのいわや神社だよ。


さらっとした鳥居。


わんわん。




狛犬さんの頼みでも無理なもんは無理っす。


ぞわっとします。


カルチャークラブ世代です。ボーイ・ジョージはきれいやった。


先に進むぞよ。


なんか、ある。


高さ45m。

さて。淡路島に続き、また神話の世界へれっつごー。


伊弉諾神尊(イザナギ)と伊弉冉尊(イザナミ)。国生み神生みの二人。

日本書紀に曰く。


「 一書曰伊弉冉尊、火神を生み給う時に灼かれて神退去(さり)ましぬ」


「故(か)れ紀伊国 熊野の有馬村に葬(かく)しまつる」

(以下、花の窟神社由緒について)

「 土俗(くにびと)此神の魂(みたま)を祭るには 花の時に花を以って祭る 又鼓 吹幡旗(つづみふえはた)を用て歌い舞いて祭る」

「即ち当神社にして、其の由来するところ最も古く、花窟の名は増基法師が花を以て祭るより起これる名なり。」

花を供えて祀った岩屋。よって、花の窟神社。


「花窟神社は古来社殿なく、石巌壁立高さ45米。」


「南に面し其の正面に壇を作り、玉垣で周う拝所を設く。」

さて、生まれるときに母伊弉冉尊の体の一部を焼いてしまった「火神」。名前は軻遇突智(かぐつち)神。

父の伊弉諾神尊に殺されてしまいました。

このとき用いたのが、十拳剣(とつかのつるぎ)の、天尾羽張(あめのおはばり)。
天尾羽張についた軻遇突智の血から、火・雷・刀に関する神が生まれます。


「此の窟の南に岩あり、軻遇突智(かぐつち)神の神霊を祀る。」


「此の神、伊弉冉尊の御子なれば王子の窟という」


こんな感じの位置関係。

ポイント

●延喜式神名帳に当神社の記載はなく、墓所として認識か。
●ご神体は高さ45mの石巌壁であり、今日までも社殿はない。
●熊野では、自然信仰(巨岩信仰・磐座信仰)が本来の姿であった。(他例・新宮市の神倉神社のゴトビキ岩)

参考文献(「」内引用)
花の窟神社の栞

花の窟神社
三重県熊野市有馬町上地130

なんか微妙にずれた。

いつも応援いただきありがとうございます。病の床でも神はぽろぽろとイザナミのいろんなものから生まれ続け、亡骸からも生まれ続けます。なかなかシュールです。ぜひ、お調べいただいて…
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。

日本一巨大?な狛犬参上。石工・大自然。熊野の獅子岩。

こんにちは。

熊野市は三重県。地域は東紀州。ややこしい。


早朝に出発して、眠いのはこっちだ。


かわいい。ふふ。井の中のししまる。


「獅子岩」だけじゃちょっとパンチがきかないのかしらねぇ。

ししまるのベスト角度はこちら。


大馬神社。背後の山のなかにあります。
この獅子岩を狛犬と見立てて、境内には狛犬さんはいないとか。
(ものっすごい細い道なので、行きませんでした。無理っす。)

熊野古道の伊勢路は数々の峠を越えて、鬼ヶ城の上の松本峠が最後の峠。あとはここ、七里御浜を通ります。




私のベスト角度はこちら。まぁるい背中。

台風こわいね。ここはNHKの台風中継で必ず出るもんね。


かわいいかわいい。



獅子岩くん。また来るね。

熊野速玉大社、熊野那智大社、熊野本宮大社を巡る熊野参詣道は、何本かあります。ここは、伊勢路。

(地図は潮岬で撮影したので、現在地は潮岬)


いつも応援いただきありがとうございます。狛犬なんですもの。お尻を見なくっちゃ。長年風雨に堪え忍んできた獅子岩くん。忍耐のひとです。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。

国道169号で大阪から三重県熊野市へ。よろよろドライブ。

こんにちは。
大阪を朝5時に出発。うっかり起きてしまい、家でうだうだしてんのなら出かけてしまえー!っと、お気楽に。

大阪から飛鳥を通る169号線は、古墳多発地帯を縦断するので、田舎もんの私には少し木々が生えてるだけで、「おおおー!?」っとなります。

目的地は那智勝浦なんですが、北部大阪からだと実は169号で熊野市に出て42号で南下する方が、和歌山から阪和道で紀伊田辺まで下りて42号や311号などで来るよりもおおよそ40キロくらい短いんです。

ダム造成時に道を整備したので、直線で南下する168号より走りやすい気がします。


昨夜の雨レーダー見てブルーだったです。でも、晴れた。


急峻な山に、必死になって道路を作った…感じの、国道169号線。
熊野街道。(熊野古道ではありません)
おら、この道、好きだ。運転席からは、緑しか見えない素敵な道。


営業再開した上北山村のホテルかみきたさんです。
日帰り入浴の薬師湯併設。

のーんびりするのに、いいとこ。
災害復興のお手伝いに、来なくちゃならん。


先日の台風11号の運んだ始末に追えないもの多数。


ほんとに、どうするんだろう。
ここ、陸地じゃないですよ。ほんとは水面ですよ。


これは去年、京都嵐山が濁流被害にあった台風で、道路が崩落した手前。すごく待ち時間があったんで、降りてあちこちのぞいたけど、こちら側(北側)は、なんもなく。

トンネルを抜けたらまじで、道路が、国道が、半分、落ちてました。
山肌にすがり付いて、かろうじて一車線確保出来てる感じです。
関西と熊野市を結ぶ大動脈なのだ。国道169号は。


なんとか山越えして、いつも、ほへーっとするコンビニで。

この先から国道309号になる。
トンネルを抜けたらそこには半分、道がなかった。
今度は山側。


日本一大きくて、日本一風雨にさらされてる狛犬さんです。
きゅうううん。

そして今夜はお気に入りの温泉旅館で。

地ビールとか、生まぐろドン!とか。

ウィスキーは、友人宅から強奪してきました。
ホテルにチェックインしたら、一歩もでないぐうたらです。
ご贔屓のテイクアウトさせてくれる店で予約して、ゲットした生まぐろのあちこちが盛り合わさった、ドン。

このあと、熊野市のスーパーで仕入れた「赤だし」のお味噌汁で、ほっこり。
名古屋からは関西に思えた熊野市だけど、三重県なのだ。東海三県なのだ。
旅のお友、しるこサンド(あんこのサンドちゃう。しるこ風味のクラッカーですよー)も仕入れましたよー。


獅子岩(喫茶山茶郷さんで一息しました。獅子岩すぐ横)
住所・三重県熊野市有馬町1-5

(ぎゃ。海の中!?)

いつも応援いただきありがとうございます。雨だと思って予定したので急遽、晴天のスケジュールに変更。いや、海でぽけーっとしたいからあちこち省略しただけです。うはーん。海、好きぃー。今、私の体からはゆでたまごのかほりがします。うふん。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼