FC2ブログ

軍師官兵衛。今日の能は「屋島」キリ。勝修羅物です。

こんばんは。

今夜の「軍師官兵衛」第27話「高松城水攻め」
能楽師ご一行様は、信長様に「下手くそ」と言われました。くすん。
「幸若を呼べ!」っと言ったのは、本能寺で「敦盛」を舞うための前フリなんですね、信長様。ぷう。


今日の「軍師官兵衛」の信長様芸術鑑賞会は、能楽「屋島」。
200以上ある曲の中で、たった3曲しかない「勝修羅」の能です。

能には「修羅物」という分類がありまして。

武将が現れて「修羅道に堕ちて苦しいよぉーっ。僕の最期はこんなんだったのよぉー」とか「俺、こんな風に戦ってん。えへん。」と、その様子を舞い語ります。

能楽は平家物語の曲が多く、平家の武将達が主役になっているので、負けた側のお話ばかりになります。

「負修羅」。扇はこれ。


「勝修羅」の扇はこれ。


「勝」は、この3番。シテ(主役)の名前を見れば勝者ばかりですねぇ。

「屋島」シテ…源義経
「箙(えびら)」シテ…梶原源太景季
「田村」シテ…坂上田村磨呂


で、「屋島」
題の通り、義経目線での屋島での源平合戦。

義経の勇士ぶり、景清と三保谷の錣引、佐藤継信が義経をかばって能登守教経の矢先に倒れた最期などを、漁翁(実は義経の霊)が語る前半。

後半は、甲冑姿の義経の霊が現れ「弓流し」の様を再現し、修羅道での責苦の戦い、また教経相手の激戦の様子を語り、夜明けとともに消え失せます。


教経相手の激戦の様子を表現するのが、キリ、という最後の場面。
本日の信長様の芸術鑑賞会は、ここ。


「今日の修羅の敵は誰そ。なに能登守教経とや。
 あら物々しや手並みは知りぬ。思ひぞ出づる壇之浦の。」

「その船戦今ははや。閻浮(えんぶ)に帰る生死の。海山一同に。震動して。船よりは閧(とき)の声。」

(ドラマでは、なぜか「船戦」の「いくさー」から始まり…途中飛ばして、「波のたてー」)

「陸(くが)には波の楯」



「月に白むは」「剣(つるぎ)の光」「潮(うしお)に映るは」「兜の星の影」
「水や空空行くもまた雲の波の。打ち合い刺し違ふる。船戦の駆引。浮き沈むとせし程に。」





「春の夜の波より明けて。敵と見えしは群れいる鴎(かもめ)。閧の声と聞こえしは。浦風なりけり高松の浦風なりけり。高松の朝嵐とぞなりにける。」

おしまい。


いつも応援ありがとうございます。
今回の大河は能楽の場面が多くて楽しいです。屋島、後半は楽しいのですが、前半は…ぐーすかぴーです。すみません。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 古典芸能へ




ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。

能楽「水無月祓」での茅の輪の由来と室津の遊女

こんにちは。今日は能の「水無月祓」をご紹介。

都に住む男(ワキ)には、契った室の津の遊女がおりました。

娘っこよ、信じたらあかんのよ…。(from おばはん)


男が久々に人を遣わしたところ、彼女は今や行方不明。あちゃー。


途方に暮れつつ、男は下鴨神社へ夏越の祓に参詣。

そこへ、一人の狂女(シテ)が茅の輪を手にふらふらと姿を見せます。

聞けば下鴨神社に流れる御手洗川に現れ、夏越の祓や茅の輪の謂れを面白く語る狂女だというので、男はそれを所望します。狂女は語ります。


「忝なくも天照大神 皇孫を。葦原の中つ国の御主と定め給はんとありしに。
 荒ぶる神は飛び満ちて。蛍火の如くなりしを。
 事代主の神 和め(なごめ)祓ひ給ひしこそ。
 今日の夏越の祓の始めなれ。されば古き歌に。

 『五月蝿(さばえ)なす あらぶる神もおし並(な)めて。
  今日は夏越の祓なるらん』

 さて五月蝿なすとは夏の蝿の。飛び騒ぐが如くに障りをなす神を云へり。
 かかる畏き(かしこき)祓とも。思ひ給はで世の人の」

「祓をもせず輪をも越えず」

「越ゆればやがて輪廻を免る(のがる)」

「すはや五障の雲霧も」

「今みなつきぬ」

「時を得て」

「水無月の。夏越の祓する人は。千年の命延ぶとこそ聞け」


夏越の祓の由来。
昔、天照大神が日本の地の主となった折、荒ぶる神々が夏の蝿の飛び騒ぐように障りをなした。

そこで事代主神が荒ぶる神々を宥め、お祓いになった。

それで古歌にも「五月蝿なす荒ぶる神もおしなべて今日は夏越の祓なるらん」と言うのだ。

このように有難いお祓いなので、茅の輪を越えれば輪廻を離れ、迷いの雲も消えるのですわよ。


今日は夏越の日、清らかなこの御祓川で、身を清め正直な心で、神様にお参りしようねーっと、狂女は、面白く狂い舞います。

烏帽子を被って舞え、と観衆から望まれて狂女は言われるがまま、さらに狂い舞います。


「さるにても。外には何と御祓川。水もみどりの山かげの」

神の御心のように清く澄んだ御祓川。今この水に影を映す、神への手向けの舞の袖。


御手洗川に映る我が姿は、お歯黒も眉も髪も乱れ、なんと恥ずかしい姿か。

「呉織(くれはとり)くれくれと。倒れ伏してぞ。泣き居たる。」

水に映ったわが身の浅ましさを見て泣き伏す狂女。実はこの狂女こそ昔契った女だと気づいた男。

「不思議やさては別れにし。その妻琴の引きかへて。衰ふる身ぞ傷はしき」



「声はその。人と思へど我ながら。現(うつつ)なき身の心ゆえ。ただ夢としも思ひかね。胸うち騒ぐばかりなり」

はじめは幻聴?と思っていた狂女でしたが、よーくよーく見れば、それは確かに昔契った男ではありませんか。あらびっくり。

「糺の御神の御恵みなりと、同じく。二度伏し拝みて妹背うち連れ。帰りけり。妹背うち連れ帰りけり。」

こうして夫婦が巡り逢えたのも、賀茂の神様のお恵み。神前に感謝の祈りを捧げて二人連れ立って帰って行ったのでございました。


はっぴいえんど。

おしまい。



さて、ここに出てくる室津の遊女。
清盛以来、室津の港はとても栄え、遊女もいる宿場でした。
時代を下って江戸時代でも西国大名は室津で海路から陸路をとり、参勤交代。



高倉天皇の厳島参拝の折には室津から海路。
能楽「水無月祓」の舞台は京都の下鴨神社とそこに流れる御手洗川ですが、室津にも賀茂神社があります。





雷の神をまつる上賀茂神社と、その親神をまつる下鴨神社からなる京都の賀茂神社。

農耕民族である日本人にとって、夏の雷雨は豊作をもたらす恵みの雨であり、夏の風物詩でした。

下鴨神社前を流れる御手洗川の清らかで涼しげな流れは、様々な作品で描かれています。

「風そよぐ ならの小川の夕暮れは みそぎぞ夏のしるしなりける」(小倉百人一首)


室津の大河のお話と八朔のひな祭り記事はこちら→→→
室津では八朔にひな祭り


いつも応援ありがとうございます。
はかない約束をしちゃだめだよ、って教訓。狂いながらも、水面に映った自分の姿を恥ずかしいと思うところが、能楽の狂女です。ぱらっぱらっぱーになりきれない切なさです。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 古典芸能へ




ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。



能楽の鬼。女の鬼。面から感じる鬼になった悲しみと怒り。

こんにちは。

今日は、女の鬼のお話。うふふ。


鬼と言われたら、まず思い浮かぶのはこの面、般若。

このイラストは「M/Y/D/S イラスト素材百科」の「M/Y/D/S」様より利用規約に基づきお借りしています。イラストの転載はできません。


「般若」とは、仏教用語では「知慧」を表し、言い換えると「祈りによって悟りを開く」という意味合いの言葉。

面に「般若」の名がついたのは、祈られて悟るからという説と、「般若坊」が作ったからという説があります。


般若の上の部分は苦しみや悲しみの表情。
そして下の部分は怒りの表情。
角が生えるのは女の鬼だけ。


さらに、この「般若」には、「赤般若」「白般若」「黒般若」があります。

「赤般若」
怒りが最も前面に出た面。「道成寺」専用。
「赤頭(あかがしら)」の小書(特殊演出)がつくと、「真蛇(しんじゃ)」や「泥蛇(でいじゃ)」という、悲しみや怒りよりも、強さを強調した面を用います。

安珍清姫物語でご存じの方も多いと思われますが、道成寺。

能楽では、主役の女(シテ)とお話の内容に変更があります。

自分の家にたまたま一泊した山伏を「汝の夫よ」と父が言った冗談を純粋に信じた少女(シテ)が、しばらく後に再び現れた山伏に「われをばいつまでかやうに捨て置き給ふぞ。このたびは連れて奥へお下りあれ」と迫ります。
山伏にとっては寝耳に水。適当にその場を取り繕った後、夜に紛れて逃げ出します。



裏切られたと思った娘は歎き悲しみのあまり、毒蛇に姿を変じて日高川を泳ぎ渡り、山伏を追いかけます。山伏は道成寺にまで逃げ、寺の鐘を下げその中に隠してもらいますが、それに気づいた娘は、「竜頭をくはへ。七纏ひ纏ひ」炎を吐いて、鐘を湯に変え、山伏ともども消し去ってしまいました。

『道成寺縁起絵巻』

能『道成寺』では、主人公である女性の設定が、もともとの伝承にあった「情欲の為に男を追いかける寡婦」から、「冗談を真に受けてしまうほど純真な少女」と変わっています。

純真なために、適当にあしらった(ように見える)男への思慕は憎しみへと変わる。その事が物語の背景に哀しみを持たせ、深みを与えています。


「白般若」
貴人としての品性を残した面。「葵上」専用。

「黒般若」
安達原の鬼女の強さを表す面。「安達原」専用。


以上が「般若」。

女の鬼の面はまだあります。


「生成(なまなり)」・「橋姫(はしひめ)」

「鉄輪(かなわ)」専用。
夫に捨てられた女が生霊となって夫と後妻をとり殺そうとするお話。



「鉄輪」を逆さにかぶり、鉄輪の足に火を灯した蝋燭を立て、顔を丹(赤い塗料)に塗り、赤い着物を着て、「いでいで命をとらん」と後妻(陰陽師が用意した人形を錯覚)の髪を手に絡ませて打杖で散々に打ち据えます。

まだ人間であり、鬼になりかかった状態なので「生成」という面です。「橋姫」も同じ。
般若に比べると、はしたない醜さを額とこめかみに乱れた髪の毛を描いて表現し、お顔全体も品が少々劣っているように見えます。


さて。

「紅葉狩」という曲にも、鬼の女が出てきます。戸隠の鬼女「紅葉」の伝説。


かねてよりお世話になっている信州の強者・らんまるせんせが、只今、戸隠紅葉伝説の現地を探検中です。→→→→
らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

現場でしか味わえない戸隠の景色や史跡がいっぱい見ることができます。らんまるせんせの解説付きです。ぜひ。



鬼の女、なのに、「紅葉狩」のシテ・紅葉には、般若の面は通常は用いません。
「しかみ」という男の面を用います。
顔をしかめる、の、しかみ。角は生えていません。他には「土蜘蛛」のシテの土蜘蛛、「大江山」の鬼などに用います。



それは、女の姿はしていても苦しみや悲しみ、怒りが紅葉の内面にはない。即ち、ただの化け物としての鬼、という位置づけなのです。

例外として「鬼揃(おにぞろい)」の小書付の場合に「般若」を用います。
これは明治に始まった小書で、広い会場(万博など)で上演するのにシテが一人じゃ見栄えがしないからと作られた演出方法です。
前半の美人さんと後半の鬼が、シテの他にわらわらわらと大勢出てきます。

そこで困るのが面の手配。

「しかみ」は一度に何人も用いる面ではなく用意し難いのですが、「般若」ならば各家に複数伝わるため、「鬼」を「鬼女」に変更して「般若」を用いる事が出来るようにしたのです。

以上、女の鬼のご紹介でした。





皆様の応援のおかげで更新頑張れます。女を鬼にしたのは、さて、何でしょうねぇー?んねぇー?
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 古典芸能へ




ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。


おまけ

頑張って描いた般若です。

「軍師官兵衛」の信長鑑賞の能楽は「葵上」。曲趣紹介です。


大河の「軍師官兵衛」。第24話「帰ってきた軍師」。
有岡城で信長様が濃姫を横に戦勝祝いの宴を催していた場面。

あれは能楽「葵上」でした。
今日は「葵上」と、能楽における女の鬼についてご紹介します。


能楽「葵上」のシテは、六条御息所の生霊。

大河の能楽の場面は、この構図。(お囃子・地謡は省略)



正先に置かれた着物で病に伏せる葵上を表しています。

お話の内容としては、源氏物語をほぼ踏襲しています。


物ノ怪により病に伏せる葵上の枕元に、朱雀院に仕える臣下(ワキツレ)が亡霊を呼び寄せる呪術をつかう照日ノ巫女(ツレ)と参り、巫女が物ノ怪の正体を占う祈祷を始めます。

「天清浄地清浄。内外清浄六根清浄」

梓弓を打ち鳴らすと

「三つの車に法(のり)の道。火宅の門をや出でぬらん。夕顔の宿の破れ車。遣る方なきこそ悲しけれ」と、六条の御息所の生霊が破れ車(やれぐるま)にのって現れます。

光源氏の愛を失った悲しみと恨みを葵上の枕元で嘆きます。



六条の御息所ほどの方がなんてこと。思い止まり下さいな、と言われても、御息所の感情は次第に高ぶっていきます。



「瞋意の炎は身を焦がす。思い知らずや。思い知れ」(枕乃段)

夢の中でさえ戻らないのが私の光源氏との契り。それでもなお思いは増すばかり。そんな自分の姿は…。


扇で顔を隠します。

恥ずかしい、という理性はある点が悲しいところ。しかし、御息所は「枕に立てる破れ車。うち乗せ隠れ行こうよ」と、葵上を幽界へ連れ去るわよ、という声を残して姿を消します。(中入)

臣下は急ぎ、比叡山横川の小聖という行者を呼び寄せ、怨霊退散の祈祷を始めます。

「行者は加持に参らんと。役の行者の跡を継ぎ。胎金両部の峯を分け。七宝の露を払いし篠懸(すずかけ)に」

大河では、この「すずかけに」の、「かけに」から音声が始まっています。なぜー?

やがて鬼女の姿になった六条の御息所が現れます。



おシテの六条御息所の上半身の装束の模様。鬼の定番のこれ。



鬼の装束についてはこちらの過去記事に→→→
鬼女か否かの見分け方は装束にあり。「安達原」島熊山桜能


そして、面は「般若」。


このイラストは「M/Y/D/S イラスト素材百科」の「M/Y/D/S」様より利用規約に基づきお借りしています。イラストの転載はできません。

般若の上の部分は苦しみや悲しみの表情。
そして下の部分は怒りの表情。
角が生えるのは女の鬼だけ。


小聖は続けます。(大河で聞き取ってみよう(*^^*))

「不浄を隔つる忍辱(にんにく)の袈裟。赤木の数珠の刺高(いらたか)を。さらりさらりと押し揉んで。一祈りこそ祈ったれ」

不動明王の真言「曩莫三曼多縛日羅赦(なまくさまんだばさらだ)」をとなえ、葵上に迫ろうとする六条御息所の怨霊と激しく戦います。

お囃子のみが流れる中を二人の攻防は続きます。これを「祈(イノリ)」といいます。(大河はここまででした)



たとえどんな悪霊でも行者の法力尽きるものか!と、重ねて祈祷し続けます。

祈り伏せる言葉については、過去記事をご覧ください。→→→
「安達原」で鬼を祈り伏せる言葉の数々・島熊山桜能



行者に祈られて、六条御息所の怨霊は苦しくて下を向きます。すると、「般若」の面の苦しみや悲しみの表情が現れます。
しかし、逆襲し襲い掛かるときには顔を上げて、口を開けた怒りの表情で行者に向かっていきます。

二つの表情を一つの面で表している「般若」の能面だから表現できる場面です。(古式の鬼女の面と能面との相違点)


激しい争いののち、六条御息所はついに法力に祈り伏せられます。

「あらあら恐ろしの般若声や。これまでぞ怨霊この後又も来るまじ」と、 ふと我に返って気付いた浅ましい我が姿を恥じ、最後は心を和らげ成仏します。

おしまい。


能楽「葵上」のおシテ、六条御息所。
高貴な女性の嫉妬の執念がこの曲の主題です。
女の嫉妬に狂う激しく醜い姿であっても、気品漂うしっとりとした品位が求められる難しい曲です。


参考文献
観世左近著「観世流百番集」より『葵上』(檜書店発行 昭和45年版)



皆様の応援のおかげで更新頑張れます。見逃した方はぜひ再放送で。どアップの般若の面が映ります。うふふふふふ。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 古典芸能へ




ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼