FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関西学生能楽連盟春季大会

こんにちは。

大阪で起きた地震の折りにはご心配賜りまして、心より御礼申し上げます。おかげさまで、最後まで残っていた大阪モノレールが全通開通し、公共交通機関はこれで全て復旧したそうです。

※6月24日追記
大阪モノレール、車両点検のため本日より終日運休。再開未定になりました。

まだ、同じ北大阪でもライフラインが復旧していない地域があり、1日でも早く元の暮らしに戻るよう祈っているところでございます。

さて、地震の前日、日曜日。


大阪市中央区の山本能楽堂へおでかけしました。

この日は、関西学生能楽連盟の春季大会。


今年でなんと、65回目。つまり、65年間も続いている催しなのです。

大学の入学式の日に、うっかり能楽部ブースを覗いてしまったのが運のつき。ズブズブと底無し沼にはまり、今に至る。

ほほ。

まさかお仕事になるとはなー。


この山本能楽堂は、私が在学中、通ったとこです。

多いときは週に4日以上。お稽古はもちろん、週末は催しのお手伝い、夏休みは虫干しのお手伝い、年末は大掃除のお手伝い。


観客席(見所=けんしょ。といいます)が桟敷席で、味わい深いです。


番組とパンフレット。

現在は、関学、関大、神戸女学院大学、甲南、武庫川女子大が加盟、総勢百人弱。

私が現役の頃は、この他に、大阪市立大学、大阪歯科大学、近大、神戸大、大阪樟蔭女子大、帝塚山大学(ここのみ金春流、ほかは観世流)があり、総勢200名以上の大所帯でした。

どうしても各大学とも部員数の減少は否めず、廃部になった大学もあり、今加盟していても存亡の危機である大学はあります。

そんな部員不景気ななかでも、こうして会を続けてくれた現役さんと各大学の師匠、連盟顧問の先生方には感謝の言葉以外にありません。

まーーーーったく能楽を知らないのに、美人あるいは男前の先輩がいるとか、昼飯おごってもらえるとか、ノートがもらえるなど、ふじゅ・・・けほん、様々な理由で、ちょーマイナーな能楽部へ入ってしまった不運な子達の集まりの能楽部員ですが、実はこの学生さん達ってのは特別な存在で。

能楽部から玄人になった人は多いです。春季大会の講演でも顧問の先生がお話されてました。

玄人になったとして、食べていけるんか?社会保障面では辛いぞ、という不安がある元企業人としては、それよりも、ほんとは、玄人にならなくていいから、卒業してからもお稽古を続けてほしい子達です。

学生の4年間で、ゼロから能のシテをつとめることができるまでに成長します。

無論、その影には師匠の指導やOB.OGによる協力がありますが、

学生の4年間は一般のお社中さんの10年以上に相当する、といわれております。

どの部活でも言えることですが、学生時代、ひとつのことに熱中した経験は、基礎から叩き込まれ、ちょっとやそっとじゃ忘れないほど実はこっそり身に付いているのだと思います。

卒業したあとは他のことしたいとか、時間的な余裕、金銭的な余裕がないのは百も承知で、年に一度の自分の出身校の自演会に賛助出演するとか、ふらーっと師匠の稽古場へ遊びに行くとか、何らかの形で触れ続けてほしいです。

そしてなにより。

年に一度だけでも、ほんとに素晴らしい先生の舞台を見てほしい。

先日、梅若万三郎先生と塩津哲生先生他、名手勢揃いの能「大原御幸」を拝見して改めて思いました。


様々な理由で、今、絶対に見なくてはならない舞台ってのはあります。

私は学生時代に、先代の観世銕之丞先生、片山九郎右衛門先生、大槻秀夫先生など東西問わず大勢の素晴らしい先生方の舞台を拝見したので、それがとても心に残っています。

チケット代でバイト代や仕送りが雲散霧消しましたが。

そんな番組に出会ったならば、中途半端ではなく、本気で能楽に取り組んだ能楽部面々なら舞台を見れば何かが心にずどーんっと来ると思います。

そしてこれは、能を見たことない方々にもお伝えしたいことでもあります。見たことがないからこそ、本物を見なくては、能楽ってつまらないとか、退屈、と思われかねません。

地元にこんな人来るのよ。これ、どう?等という疑問がありましたら、まず、その方について検索してみることをお勧めします。
大方、感想や批評等の記事がヒットします。

まー、そんなこんなを語った気がするけど、大部分は大爆笑してたから、楽しい話をしてたであろう、春季大会後の宴会を経て。

うん、真っ昼間の午後3時過ぎから宴会で、謎の鍋なんかをつつきあった後で。

師匠が「同じ値段ならうまいもん食おう飲もう」と言うので何人かと某国ホテルへ場所替え。



これを見た師弟の会話

「うおお!銀座のマグロはシュッとした顔してます!」
「回ってへんやろ?」
「次回はぜひ、立ち食い席行こっ」
「新大阪にあんで♪」
「うどんやん」
「うまいやん?」
「うまいけど、シュッとしてません」
「大阪やもん♪」

大阪へ来て人生半分以上を過ごしてますが、いまだに大阪人はわかりません。


ぜってぇ同じ値段ちゃうわ!と突っ込みつつ、楽しい時間を過ごしました。

ビールのあと、てんてーの貴重なほにゃらというボトルを飲み干したり、肉を食べたり肉を食べたり肉を食べたりパンケーキなんかも食べた気がします。

現役さんに、デートでカクテル飲むときは、グラスの形に注意しろとか、おばちゃん化したのはないちょ。
スポンサーサイト

次世代へつなぐということ。大阪能楽養成会

こんにちは。

朝10時から夜の8時まで能楽漬けで幸せなわたくしです。

今日は、伝統芸能をつなぐということについて、ご紹介。


勤務先は能楽堂。人間国宝に名指しでド叱られる情けない事務員。

伝統芸能って、中に入ったら一層、先細る先細れば先細るとき、ってのがわかって、やばいやばいと思う日々です。

会計事務所に「零細産業」などと言われたり、します。

経営が無理ならいらんやん?淘汰されてほんまにやっていけるとこだけ続けてったらええやん?

ですが、遠い将来、そうなっても致し方ないとしても、数百年続いた伝統をうちらの世代で途絶えさせるわけにはいかん。その危機感たるや、悲壮感漂っております。

広く様々な方に能楽を鑑賞いただくこと、子供達に楽しみながら親しんでもらうこと、といった広報的なものではなく、今回は内部のお話。

人材が揃っている今こそ盛り上げないかん、伝えるべきものは伝え、若者たちが自身の研鑽に集中できる環境を作り、育てないかん!

そんな危機的な意識は、おじいちゃま世代、人間国宝クラスこそ非常に高いです。

では、具体的にどうしているか?

大阪の能楽界には、「大阪能楽養成会」というものがあり、諸条件はあるものの、能楽師の子弟ではない一般ぴーぽーにも門戸を開放しております。

シテ方、ワキ方、狂言方、囃子方、それぞれに募集しています。

その養成会研究発表会が、今月末、催されます。


番組(プログラム)です。

一番右の能「東北」は、喜多流。祖父・高林白牛口二(こうじ)、父・高林呻二、に囲まれシテをつとめるのは、(白牛口二先生の)孫・昌司先生です。

観世流の「東岸居士」の地頭(コーラスリーダー)は、人間国宝。

これは、敢えて若者達と共に謡うことで何かを伝えたい、という深謀遠慮があろうかと拝察します。

それぞれの後継者を見守る視線はあっちぃちぃー。
ご自分の舞台のときよりも、どたばたどたばた、あたふたあたふたされてます。

養成会の若者達は、TwitterなどのSNSを使ったり、いろいろ工夫して盛り上げようとしています。

遠くて来られない方々も多いかと存じますが、若者達が頑張ろうとしていること、そして、実際に頑張ってることを頭の隅っこにでも置いていただけたらこれ幸い。

そして、大阪市中央区上町、最寄り駅は谷町四丁目もしくは六丁目の大槻能楽堂、へ、行けるよー、っという方には是非ともご足労願いたく存じます。

6月28日木曜日、午後6時開演です。

無料です。あーら、びつくり。

新しい能楽堂、西宮能楽堂へ行ってきた

こんにちは。

お仕事が能楽堂なんですが、お休みのときは出来るだけあちこちの舞台へお邪魔して、いろんな先生の舞台を拝見するようにしております。

能ってのは、謡本と型付があって、定められた規範のなかでしかできないと思われがちですが、実はふれきしぼー。

シテ(主役)の考え方、捉え方で、いろんな演出が出来るんですよ。

で。

今日はお休みいただいたんで、西宮市鳴尾に昨年末に新しくできた西宮能楽堂へお邪魔しました。


駅からほどなく、こんなもだーんな建物がありまして。


設計を担当された方がデザイン履歴にきっと載せる斬新な能楽堂。

お屋根のてっぺんの窓から自然の光が入るようになってます。


中から見るとこんな感じ。


おめめに眩しい新品ぴーん!な舞台です。


建物in建物が、能楽堂。

かつては屋外にあった能舞台。

武家の式楽から芸能へと変遷する中で、雨天でも決行できるように屋内へ入れました。公演の確保のためですね。

んで、建物in建物の形が増えました。

手前が目付柱。この柱付近を「角(スミ)」といい、目印になる柱です。

面を付けることで果てしなく限られる視界のなかではこの柱ってとっても大事。


何を叫んでるかと言うと、この金具。


歌舞伎でも有名な「道成寺」の鐘を釣るための金具なんです。

数百キロある大きな鐘を釣り上げ、シテにかぽんっと被せる、いや、シテが鐘に飛び込む道成寺は、シテ方にとって卒業証書といわれるたいへん重要な演目です。


某所の鐘のスケルトン

でっかくて重たい鐘を釣ったり落としたりするんですから、古い舞台では、天井がもたない、あるいは、舞台が抜けちゃうかも?な心配があって、道成寺を公演できる能舞台は限られているそうです。

それはさておき、新しい能楽堂。


わざと白い壁にして、プロジェクターで詞章や参考図面を写し出すことができるよーになってます。

国立文楽劇場では、舞台の上に字幕スペースがあり、詞章を字幕にして写し出しており、初心者にはわかりやすいです。(慣れると、邪魔だなぁと思う人もいます)

文楽よりも言葉が古く、まるで古文の授業のような謡本なので、これ、いいなぁー、欲しいなぁ~と思った次第。

初心者の方にわかりやすいようにと詞章をプリントすると、そっちに気をとられ舞台を見ていただけない矛盾があります。

演じる先生方には、間違えたら即座にわかっちゃうわ、いやぁん、な葛藤があるそうですが、それはそれ、これはこれ。

どうしたら初心者でも楽しめるのかなぁー?と、オペラや歌舞伎、文楽等で導入されてるのが、イヤホンガイド。



舞台の解説をしてくれるありがたいサービスですが、能の場合は数週間にかけて上演される前述の公演と異なり、たった一度限りの上演なんです。

そう、まさに「一期一会」。

イヤホンガイドでは通常、録音したものを繰り返し使用しますが、能ではそれができず、というか、一回限りなんで録音せずに生放送。

つまり、


よろしゅうおあがり~!

・・・ちゃうわー。

金食い虫。設備として既設でないと、コスト高でたいへん。

なので、文字を映し出すっていいなぁーと、思いました。

で、今日の演目は。


杜若でした。

藤原家の宝物の二条后をさらってカケオチしようとした業平が、事件発覚により咎められ、都から旅に出た(「伊勢物語」の東下り)道中、三河知立の八橋でのお話。


きつはた つつなれにし ましあらば るばるきぬる びをしぞおもふ

か、き、つ、は、た。

です。

このような言葉遊びの入ったものを「折句」「折句和歌」といいます。

で、「杜若」の主役は、杜若の精。

なんで杜若と業平が絡むのかというと。

業平は平安時代に既に「歌舞の菩薩」と称えられており、その功徳により杜若の精が成仏したというのが能「杜若」のお話。

シテのご当主は普段からとても朗らかで優しくて、大好きな先生なんです。お目目、ハートで拝見しました。うふふ。

とてもきれいなお姿で素晴らしかったです。また拝見したいです。


帰る間際にやっと気付きましたが、通常は松だけの鏡板が松竹梅になってました。

お稽古でした。話題は大槻能楽堂の乱能。

じめじめじめじめ…っと、関西が梅雨入り。

発表会後はじめてのお稽古だったので、お礼のご挨拶。


お稽古、おさぼりです。


乱能を観てから先生とお話するのもはじめてだったので。

→前回の乱能記事
大槻能楽堂改築30周年記念乱能を爆笑鑑賞




文蔵先生がグルメさんなので、それはそれは美味なお弁当とおつまみでした。
私のお隣の粋なおばさまは、日本酒をお召し上がりで。
知らない方でしたが、楽しくお話しながら鑑賞しました。

乱能は客席からの「よっ!日本一!」的なお声とか、普段はありえない客席から舞台の先生への花束贈呈とか、おけーなのです。


梅若玄祥先生とか、大槻文蔵先生とか、善竹忠一郎先生とか、大倉源次郎先生とか、藤田六郎兵衛先生とか、福王茂十郎先生とか、んもう、すごくて。

あまりに本気で素晴らしい舞台なので、楽しく過ごす乱能のはずが、少しお喋りしたら舌打ちされるような、しーんっとした雰囲気でして。

それは、本業が素晴らしいからこそなんやでぇー、っとうちの先生。

ふむ。


最初からふざけ過ぎてるのは、面白くないのかなぁ。

今回初めて、お顔を歌舞伎の如く白塗りにされた方を観ました。
土蜘蛛の胡蝶の某先生です。びっくりしました。客席の空気を読んで、むっちゃうけてる方を向いて笑顔と会釈をくださいました。

でも、本業も素晴らしいんだぞぉ。


違います。


皆様の応援のおかげで更新頑張れます。次のお稽古の曲も決めずにお喋りして帰ってきました。へへへ。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 古典芸能へ




ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。

大槻能楽堂改築30周年記念祝賀乱能を爆笑鑑賞。

大阪の大槻能楽堂改築30周年記念祝賀乱能を鑑賞しました。
大槻能楽堂…何十年通ってるやら。

で。乱能って?

能楽では囃子方は囃子(小鼓は小鼓、笛は笛)、シテ方はシテ、というように各専門分野に分かれた専業制です。

乱能では、シテ方の先生が狂言したり、囃子方の先生が装束を着てシテ方をしたりと、専門外のことをします。

普段の能楽とは異なり、先生方が楽しくアドリブ入れたり、ハプニング続出したり。爆笑やら拍手喝采やら。マニアにはたまりません。

大阪の観世流では、20年ぶりぐらい。10時半の開場前に行ったら長蛇の列。一番の方は、なーんと、札幌からお越し。朝7時半に並んだと。ひゃー。


大槻能楽堂改築30周年記念祝賀乱能ということで、鏡割りもありました。ご当主の大槻文蔵先生がおでましに。


うえーん。立ち位置間違えたー(T_T)

文蔵先生の謡もお姿も呼吸も全てを、お玄人の先生方が憧れて目指す関西の宝です。せんせー!




先生の舞台、まだまだいっぱい拝見したいから、長生きしてくださいねっ!!


お昼のお食事、おつまみ(柿ピーじゃなく、お上品なお惣菜詰合せ)、お酒、甘味(中将餅)がおふるまいいただけて、パラダイス。しかも本日限定で見所(けんしょ。客席のこと)が飲食可。

非常にマニアックな話なのですが。

能楽「土蜘蛛」で、前シテがお笛の藤田流家元の藤田六郎兵衛先生、後シテが大倉流小鼓方家元の大倉源次郎先生。うふふ。
照れる六郎兵衛先生のお顔と美声とか、源次郎先生のお姿とか、ああー、幸せです。

能楽「俊寛」は、小鼓が梅若玄祥先生、大鼓が文蔵先生。お二人が並んで座ってるだけで、うひゃっと笑顔が。
おシテは、ワキ方福王流家元の福王茂十郎先生。それはそれは重厚な舞台で。乱能、素晴らしい。

一番好きだったのは、狂言方の善竹隆司先生と小笠原先生の舞囃子、猩々乱。とてもとても端正なお姿でしたの。

もっともーっと書きたいのですが、乱能はその場で楽しんで、あとは忘れるのが粋ってもんで。なーいしょ!


あ、私の先生?
もちろん(?)、お笑い担当。先生、立ってるだけで笑いをとってましたの。私のお腹はよじれてぐにぐにです。

そんな先生が、好きです。
いじられキャラな先生が、大好きです。


大槻能楽堂は、こんなものが徒歩3分。






信長が戦った石山本願寺、大阪夏冬の陣。
実は難波宮跡を踏んづけて戦ってたんですけど…。


ま、いっか。


皆様の応援のおかげで更新頑張れます。乱能は、歌舞伎の俳優祭のようなものかしら。楽しかったです。文蔵先生の笑顔が見れたので、それだけで、幸せです。だって舞台では笑顔じゃないもん。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 古典芸能へ




ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。


おまけ

文蔵先生追っかけの私に配慮して、うちの先生が文蔵先生を舞囃子の地頭にしてくださり。有頂天のまま、舞いました。笑顔を隠すのが大変でしたー。

えへへへ。素人、ばんざーい。

鬼女か否かの見分け方は装束にあり。「安達原」島熊山桜能

こんにちは。

前回は鬼女が現れたときの内緒の言葉をお伝えしました。
今日は、鬼女の見分け方。

女の鬼の場合は、装束に決まった模様があります。それは…


お魚のうろこだったら、ファンタジー。ここは蛇に象徴される女の情念をご想像下さい。むーん!

で。

この模様のあるものを着ていたら、実は鬼女なのです。しかし、



こんな風に着てくれたら簡単なんですが。



襟元しか見えない時もあるかもしれません。

「安達原」では、こんな感じ。


よーくよーく観察して、どこかにうろこ模様があったらすぐに逃げましょー!!


これは北条さんちの三つ鱗紋。北条時政に江ノ島弁財天の神託を告げた大蛇が残した鱗みっつ。逃げなくても大丈夫。

能楽には、「女の鬼」と「男の鬼」がいて…というのは、それはまた別のお話。


皆様の応援がありがたいです。ポチ頂いたらあなたのお部屋にうろこをこっそり置きに参ります
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 古典芸能へ
にほんブログ村

ありがとうございます。
明日は会社です。夢の中に旅立たないようにしなくちゃ。

「安達原」で鬼を祈り伏せる言葉の数々・島熊山桜能

こんにちは。
今日は、鬼女に遭遇したときの内緒の言葉をお伝えしまーす。


もしあなたが、こんな鬼女に追いかけられたら…。

怖くて逃げてもいいのです。だって修験者だって、「きゃー」って逃亡したんですから。


はい。冷静になりましょう。


以下、「 」内は「安達原」の詞章。

まず、五大尊明王を勧請します。

「東方に降三世明王」「南方の軍茶利夜叉明王」

「西方に大威徳明王」 「北方に金剛夜叉明王」

「中央に大日大聖不動明王」


五大尊明王案内マップ


次に、陀羅尼(呪文)を唱えます。


「おんころころ せんだりまとうぎ」(薬師如来に祈る呪文)

「おんなびら うんけんそわか」(大日如来に祈る呪文)

「うんたらかんまん」(成就・吉祥の意味。呪文の結びに唱える)




次は、不動明王が衆生を救う誓いの四ヶ条。

「見我身者。發菩提心」(我身を見る者は 菩提心を発せん)

「聞我名者。断悪修善」(我声を聞く者は 悪を断ち善を修めん)

「聽我説者。得大知恵」(我説を聴く者は 大知恵を得ん)

「知我心者。即身成佛」(我心を知る者は 即身成仏せん)



「即身成佛と明王の緊縛にかけて。責めかけ責めかけ祈り伏せにけり。さて懲りよ。」

すると。

なんということでしょう。。鬼女が弱っていくではありませんかー。仏の力は強いのです。


鬼女は、安達原の黒塚に隠れ棲んでいるうちに浅ましい姿となった自分が恥ずかしい、と言い残して夜嵐のなかに姿を消しました。


成功です!

あなたも鬼女退散の道を極めましたね!

これで山城攻めもばっちりです。いってらっしゃーい!


皆様の応援がありがたいです。ポチ頂いたらお礼に数珠を押しもみます。ざらんーざらっ
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 古典芸能へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

お城に行きたい病になってます。石が見たいです。石が。

島熊山桜能で「安達原」鑑賞。美辞麗句だけでない言葉。

大阪北部の島熊山で「島熊山桜能」と名付けられた催しに行ってきました。

お寺のお参りする所に敷舞台を設置して、屋外で演能。夏なら薪能ですね。春だから桜能と名付けられたのかな。


以前はサクラサク季節にされてたのですが、観ている方は寒くて寒くて。その時は寒すぎて気分が悪くなり、お寺のトイレのぬくぬく便座で暖をとりましたの。


曲は「安達原」

陸奥の国の安達原(福島県安達太良山麓)で修験者と山伏一行が夜になってしまったので、無理矢理おばーちゃんちに頼み込んで泊めてもらう。

「えーか、私の寝室を見たらあかんで。えーな?」「ほんまにあかんで」「あかんで!」っと再三再四念を押して、夜なのに山へ薪を拾いにいくおばーちゃん。

んなこと言われたら、見てしまうやーん?

見た。

「ぎゃーーー!!」

おばーちゃんの部屋にはおびただしい数の死体が天井まで山積み。

「わー!あれが安達原の黒塚に住む鬼女だったんだー!わー!」
修験者一行、脱兎の如く逃走。

「みぃたぁなぁー!!」っと鬼女の姿で追っかけてくるおばーちゃん。



修験者達は必死に祈り伏せます。やがて鬼女は弱りはて、夜嵐の中へ姿を消しましたとさ。

おしまい。


能楽の詞章というと、「花前に蝶舞ふ粉々たる雪。柳上に鶯飛ぶ片々たる金。花は流水に随って香の来る事疾し」(熊野)など美しい言葉を連想されると思いますが、この「安達原」で修験者一行が見たときの描写が…。

「膿血忽ち融滌し。臭穢は満ちて膨張し。膚臓悉く爛壊せり。人の死骸は数知らず。軒と等しく積み置きたり」(安達原)

(ノウケツたちまちユウテキし。シュウエはみちてボウチョウし。フニことごとくランネせり。以下略)

うえー。

こんな詞章も、曲によってはあるのです。「うわぁー」と思います。だけど、だからこそ面白い…かなあ?

最後に本日の教訓。

何にもいいことありません。


ポチ、していただけたら、安達原を枕元で謡います。ノウケツたちまちユウテキし…
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 古典芸能へ
にほんブログ村

ありがとうございます。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。