FC2ブログ

僧侶だってキリシタン。右近城下野見神社の受難。

こんにちは。


高山じゅすと右近様の高槻城界隈。


野見神社のご紹介。


【祭神】須佐之男命、野見宿禰命

【創祀】9世紀後半第59代宇多天皇の御宇。この地方に悪病が流行し、死者多数の折、ご神託あり。


牛頭天王は、災厄・疫病を追い払うと言われていたことから、早速お祀りしたところ、悪病はたちまち終息。

皆、大いに喜び、ここに社殿を造り、牛頭天王社として祀りました。これが野見神社の創祀。

ちなみに牛頭天王総本宮は、

黒田官兵衛縁の広峯神社。じい様の目薬に広峯神社のお札を付けて御師達が売りさばき、がっぽり。

京都の八坂神社も広峯神社と同様に牛頭天王を祀ります。祇園祭は疫病退散のお礼のお祭り。


さて、お参りしましょ。

え。


入るかー!


きつーく叱って下さい。


え、そこ?


野見神社は、享禄・天文年間には高槻城主入江駿河守、和田伊賀守などの崇敬を集め、社領の寄進などもあり平和に時が流れていました。

しかし、高槻城に高山じゅすと右近父子が入って激動の時代へ。


高槻城城内に鎮座していた式内社の野見神社は、右近の父・友照により社殿破壊の上、社領没収。同地に高槻天主堂教会を建てます。


時の神職はご神体を石清水八幡宮にお引っ越し。

高山右近の布教の腕は天下一品。でもこんな苛烈なことするから・・・

ねえねえ奥さん、畿内なのに高槻市内には神社やお寺が皆無なんですってねー!なんて言われるのよ。(そんなことないです。あります。)


ただひたすら一途に神を信じた高山右近。

右近が船上城(明石)へ転封となった後の高槻城下は秀吉の直轄領となり、やがて新庄直頼が治めるも関ヶ原で西軍に付き改易。

1615(元和元)年、内藤信正が入り高槻藩が立藩。高槻城を改修、増築。
以降、土岐定義・松平家信・岡部宣勝・松平康信(家信次男)等、高槻藩藩主は目まぐるしく変わります。


その中で、1619(元和5)年に高槻藩に入った松平家信は、城内の安全を祈願して牛頭天王社を新造するとともに、社領を寄進。


1649(慶安2)年に新たな藩主となった永井直清。


更に社殿を修築し、社領を寄進して例祭日を10月14日と定め、臣下・領民とともに盛大な祭礼を行うようになりました。


高槻藩永井家初代・永井直清を祀る永井神社。

この永井家は明治維新まで高槻藩を治めます。

江戸時代には城内随一の神社として「高槻城絵図」に記される野見神社に、再び激動の時が到来するのは、明治元年。

神仏分離令により、牛頭天王は「須佐之男命」と名を変え、更に野見宿禰命を合祀して、「野見神社」と改称。

延喜式内社として郷社に列し、神饌幣帛料進社に指定されました。

やれやれ。

むいー?


そろそろ秋の花粉症のオンシーズンです。


参考資料
野見神社由緒。現地説明板による。

野見神社
住所・大阪府高槻市野見町6-6



いつも応援いただきありがとうございます。高山右近。その苛烈っぷりに惚れ直します。やるときゃやる男です。野見神社近隣はキリシタン墓地。ロザリオを胸に抱いた信者の遺骨が出土。とても不思議な所です。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

つねまるさま、こんばんは。

おぉ~!、「人徳の人」じゅてーむ右近さま。

右近さんといったら、波乱の人生と前田利家公を連想しますが、

高槻におかれては、お幸せだったのでしょうか。

花粉症の狛犬さんに聞いてみたいです○゚ε゚○

piglet01様

こんばんは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

寒いっす!台風一過で木枯らしびゅーん、です。そちらはいかがですか?

「人徳の人」じゅてーむ右近様。
大河では美しさを存分に撒き散らしておいでですが、高槻では信長もまっつぁおの激しい人です。あなたは神をシンジマスネー!?っと刀片手に迫る勢い。

純粋な男だったんでしょうねぇ。しかし、よくわからないんです。
神を信じる心と、武将の側面。十字軍?右近の幸せって何だったんだろう。


>右近さんといったら、波乱の人生と前田利家公を連想しますが、

あらぬ方向に思考が向きました。美男利家と男同士でうははのはー。
おっと、脱線。


>花粉症の狛犬さんに聞いてみたいです○゚ε゚○

piglet01様は花粉症ないですか?私は真冬以外は鼻水小僧です。

いよいよギンナンが地面に転がる季節到来。なして街路樹に雌の銀杏を植えるんでしょねぇ。
早朝からギンナンを叩き落とすオバチャンが出没して、それを踏んだ車のタイヤに、所有者の私がかぶれる恐怖のイチョウ連鎖。

ぴょんぴょんズに癒されたいなー。春はpigletくん一家とお花見したいです。

No title

右近・・・最期はカジノっぽい名前の外国で死んだはず・・・

大昔に小説読んだけど、完全に内容を忘れた^^;

狛犬の角をツンツンしたら噛まれちゃうかしら~
それとも何かのボタンだったりして・・・(._+ )☆\(-.-メ)オイオイ

ぽっちぽっちぽっち、はっくしゅん!

時乃★栞様

こんばんは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

>右近・・・最期はカジノっぽい名前の外国で死んだはず・・・
>大昔に小説読んだけど、完全に内容を忘れた^^;

あはははー。そうそう、カジノっぽいとこで天に召されたんですよね。
小説は、ほら、画像がないから忘れちゃう。漫画なら忘れなーい。うふふ。

キリシタンのお話なら三浦綾子さんとか、遠藤周作さんとかですが、小説は難しいですよね。聖書の研究をしてある程度は覚えていても、難解。重箱の隅をつつくというかなんというか。

まずは異国の人の思考回路にならないとキリシタン右近の事ははわからんなーと今回の記事を書きつつ思いました。


>狛犬の角をツンツンしたら噛まれちゃうかしら~
>それとも何かのボタンだったりして・・・(._+ )☆\(-.-メ)オイオイ

>ぽっちぽっちぽっち、はっくしゅん!

時乃★栞様、好きー。頭の回転はやーい。

狛犬わんわんの角、ポチッとなーって押したくなりますねー。狛犬カマナイ、ナメてきそうよー。

しかし、いっつも私の身長が不足してて、バンザイしてジャンプして、やっとお狛さんに角があったとわかるのねー・・・(T_T)

下から目線は、ズームしてもやはり下から目線なのです。くそー。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼