FC2ブログ

厩戸皇子母の疎開の地。丹後の間人で日本海ざぼん。

こんにちは。今日はどこでせう?


えへへへ。


日本海は、波までもが紺色です。腹の底に響く波の音。


ここは、丹後半島の西北にある「間人」の、後が浜。

間人は、たいざ、と読みます。


るるるん♪

間人と書いて、はしひと、と読むひと、だーれだ。

はい。用明天皇の后で、厩戸皇子のおかーさんの、穴穂部間人皇后です。

物部(日本古来の神派)と蘇我(仏教推進派)が互いに争った時、間人皇后がここに疎開してきました。


皇后の御領だった関係で、斑鳩の宮からはるばる疎開。


争いが終結し斑鳩へ帰るときに、とてもお世話になったから私の名前を地名にしてもよくってよ、と言います。

おそれ多いっす。

そこで、地元の人々は、間人皇后がこの地を去る→退座する→たいざ、と呼ぶようになりました。

さて。

間人皇后の疎開には、東漢直駒(やまとのあたえこま)、穂見中江磨(ほみのなかえまろ)等7名が供人として同行。

うち、東漢直駒(やまとのあたえこま)の子孫が東姓を名乗り、竹野川を中心に交通運輸を司るようになります。
(供人で来たのに、何してたのかねぇ、直駒くんは)


そして、水無月神社を建立。

現在は、近隣の斎宮神社の宮司さんが7月28日の祭事を司っているとのこと。


近づけば、柱状節理の巨大な岩です。

厩戸皇子の異母弟・麻呂子(まろこ)が、悪い鬼を退治しこの立岩に封じ込めたなんて伝説があります。


これでも京都府ですよー。


いつも応援いただきありがとうございます。間人といえば、間人ガニ。松葉ガニの中で、丹後町間人漁港で水揚げそれるカニを特にこう呼びます。捕れる量がとても少なく「幻のカニ」と言われ最高級品だとか。食べたい。でも、高い。カニカマでいいや。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。

なんと、誰も行かない丹後半島に足を伸ばすとは、、
ツーリングマップルで旅をする人はただ者ではない。
私も、もちろん全巻もっていてニヤニヤとしながらの愛読書です。

この海岸、みごとですね!
神様だけが戯れる場所としては、もったいない。

No title

太平洋から日本海へ一気に変わりましたね(*^^)
荒海はどちらがすごいのか比べる対象がないので何とも言えないけど、わたしの経験だけなら日本海でした(笑)

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

おおお!さすが!全巻こんぷりーと様!

ツーリングマップルで走ると時々、四輪は無理やん!って時ありますけど、バイブルでっす!

丹後半島、おっちゃんライダーさんがものすごく大勢で走ってました。私の車よりでかい排気量・・・(T_T)

ここの海岸、磯遊びなんかしたら波に連れられて異国にたどり着いてしまうけど、ぼっけーっとするのにお気に入りの場所です。
砂浜は細かい細かい茶色っぽい砂と小石です。すぐ西側に鳴き砂の海岸があります。わんわん。

まり姫様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。火山灰は大丈夫ですか?

南奔北走でございます。

日本海の荒波…は、やはり冬でしょうか。波の花のできる季節には、パープーな私でもさすがに近づくのをやめるぐらい。
熊野灘の台風到来の時の大波はそらもうすごかったですよー。人間が豆粒ぐらいでした。

長野県、えらい騒ぎです

白馬村でのほほんとしていて、夕方自宅に帰ったらえらい騒ぎです。

木曾町の三岳にはお客さんがいるので、年に一度は通っているのですが、十数年行っても御嶽山の全容が麓から見えるのは2回程度でした。

御嶽教の総本山なので、通年を通して信者の方の登山も多く、夏には白装束の修験者の方も多く見かける場所です。

勝手に総本山を作っておきながら今回の件で文句を言う筋合いは無いものの、「余りにも、酷過ぎます」

死を与えるのは修行ではありません。

貴女の言うとおり「ありがためーわく」な今回の噴火。

一刻も早く、肉親のもとにその魂を帰してあげて欲しいものです。

らんまるせんせ

こんばんは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。
御嶽山が大変なことに。ニュースで初めて画像見たときは桜島かと思い、降灰後の画像では雪山かと目を疑いました。

愛知出身の私には「木曽のおんたけさん」は様々な点でとても身近な山ですが、なんというか、「身近だけど遠くから見る山」のイメージです。せんせの仰る通り、全部見えたらありがたい気分になります。

ロープウェー等で簡単に行けるからといって、気楽に考えてはいけませんね。便利になると元々そこにあった自然の驚異や神聖さを忘れてしまいます。


>死を与えるのは修行ではありません。

>貴女の言うとおり「ありがためーわく」な今回の噴火。

>一刻も早く、肉親のもとにその魂を帰してあげて欲しいものです。

そうですね。心からお祈りします。

こんにちは。

丹波半島にある間人という場所。
たいざと読むのですね~
このような由来が、なるほど。
九州人にとって、このような情報は
勉強になりますっ

つねまる様、またもや棒をさりげなく
立てられたのですね!

ゆず様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

間人、面白い由来ですよねー。うふふ。
九州も神話や人々の歴史が豊かでとても好きです。地図と格闘しないといけないんですが。

さりげなく棒。ゆず様も、海に行ったらぜひ。えへ。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼