おやすみ

こんにちは。

皆様にはたいへんかわいがっていただいておりまして、

心より感謝申し上げます。

突然ですが

ちょいとここらで少しおやすみします。


やめるわけじゃないでちゅー。


しばし、おさらばでございます。

南極観測船ふじ。名古屋港で博物館になって30年

こんにちは。


南極観測船ふじと、愛知県警の海のパトカー。


海ってだけで、何故かかっこよく見えるマジック。


海でも赤色灯を回して、ピーポーピーポーっていうのかな。


南極観測船ふじは、今は博物館。


海上自衛隊艦番号AGB-5001。

昭和40年(1965)年3月18日に進水、7月15日に竣工。

同年から南極観測船としての役割を海上保安庁の「宗谷」より引継ぎ、昭和58年(1983)年4月まで海上自衛隊により運用され南極地域観測隊輸送に従事。(wikipediaより引用)

1984年4月11日の退役後、翌年から名古屋港で「南極の博物館」として係留。一般公開されています。



日本初の極地用の本格的な「砕氷艦」です。


ブリッジ。


脱出です。


お船って、あっちこっちにお名前が書いてあるので探すのが楽しいです。


寒いだろうなー。


自衛隊のお船にも同じようなのがありました。

あっちは偵察、こっちは観測。


泳げるかどうか以前に凍死しそうです。


日本から南極まで約1ヶ月。現地でのお仕事含めたら長期間ですもんね。


ふじと昭和基地間の輸送を担うヘリコプターです。


前任の宗谷は海上保安庁管轄でしたが、

1963年8月20日の閣議決定「南極地域観測の再開について」において、輸送手段を防衛庁の担当とし自衛隊法を改正の上、新南極観測船は防衛庁が運用することに。

なので、ヘリコプターには「海上自衛隊」のロゴ。


カタカナってむずかしい。ほほほ。


うふふ。


おっきなネジみたいなのは


ふじのスクリュー。


・・・です。

そして、ふじに背を向けて


タロジロです。


いつも応援いただきありがとうございます。
そ、そうか。名古屋港へふじが来てから30年かぁ。早いなー。朝のお散歩で立ち寄ったので内部は見てませんが、確かここにもリアルマネキンな人達がいたような。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ

お手数をおかけ致します。ありがとうございます。

名古屋港さんぽ。港橋と市電

こんにちは。

今回の名古屋旅では、お宿を名古屋港にしました。

朝さんぽ。


港橋です。


なんだこりゃ?橋と言われましても、水がない。


昭和40年頃までは、港橋の下には運河。


ほんとね。


何ともおマヌケなことに。

港橋は明治39年12月24日建設、老朽化のため昭和11年3月に付け替え。


港橋の辺り。広い広い歩道は下手すると車道より広い。


昭和43年の風景。灯台があったんだー。ほぉー。


今は地下鉄が通っています。


大正初期の名古屋港。おじさんが着物と袴です。あらびっくり。

朝さんぽの目的は


うふふふ。


南極観測船ふじ。


内部も見学できますよー。

そして、南極といえば


この子達ですな。

名古屋港の狛犬。


んまっ。


いつも応援いただきありがとうございます。
やっぱりお宿は海の近くがよいですわ♪夜の街へ繰り出すわけでもないので、名古屋港でのお泊まりは正解でした。普段と違う朝の空気が気持ち良かったです。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ

お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼