大阪北部を震源とした地震。地元より

こんにちは。いつもありがとうございます。

昨日の朝、大阪北部を震源とした地震がありました。

ガタガタ→ビシビシ→ガタガタゆさゆさガタガター!!

瞬時に停電し、緊急地震速報がウワンウワン鳴り、防災無線は「大地震です!」と叫びだし。

叫びだしたのに、「身の安全を確保してください。身のあんぜ(ぶちっ)」と、途中で切れてしまって、おいおいおいー!?ってなおさら恐怖。

ベッドの上で縮こまるしかなかったです。

震度5強は、とっても怖かったです。

ちびりました。

えーん、こわいよー、やめてー、と言ってもどんどん強くなる揺れ。

自然って情け容赦ないと、思い知りました。

近隣は一帯で停電。信号機が停電のため黒かったです。

電車は夜遅くまで復旧せず、高速道路は夕方まで通行止め、一般道路はびたびたに渋滞。

ガスは揺れを感知すると自動的に停止させるやつが作動して止まりました(数時間後にマニュアル通りに復旧)。

ヘリと自衛隊機が頻繁に飛び交い、緊急車両が走り回り、騒々しい。
なのに、電車が止まってる、信号機の停電で車は徐行、のため、普段聞こえる音が聞こえない不気味さ。

交通網の麻痺と、近隣の状況からとても出勤できる状態でなく、まだ自宅だったので、お仕事は自宅待機になりました。

勤務先の面々と連絡を取り合う中で感じたのは、同じ大阪府下でも、地域差が非常に大きく、こちらの危機感が伝わらなかったこと。

今回の震源は大阪府北部。被害は北大阪、特に、茨木市、高槻市、枚方市(淀川以北及び南岸で、新御堂筋より以東及び京都と大阪の間)が中心のため、勤務先の大阪市中央区や南部大阪とは、震度は似ていても被害の有無に差がありました。

例えば、関西空港は平常通りでも、伊丹空港は要点検で一時閉鎖。

夜は、0時過ぎと4時過ぎからの連続の余震が、怖かったです。
うとうとして、ぎゃ!うとうとして、ぎゃ!の繰り返しでした。


今回、備蓄以外に改めて実行したこと。

① 懐中電灯は枕元に置くが、夜中にトイレ行くとき、持って歩く
② 積んでた本が崩れたので、本は箱詰め。本棚撤去
③ こまめに洗濯しておく(断水&停電に備え)
④ 深酒しない
⑤ lineは通じるが、電話とメールはつながらないので友だち大事
⑥ ガソリンは常に満タン(私の避難所)

現在は諸々復旧しましたが、余震がないことをひたすら祈ってます。

名古屋へお仕事?ふるさとの味名古屋味

こんにちは。いつもありがとうございます。

五月下旬、新幹線に乗って東下りしました。行き先は、


金のシャチホコといえば?

そー。

私の生まれ育ったとこ、名古屋。


師匠のお社中発表会のお手伝いにお呼ばれしました。


楽屋を朝から晩までエプロンつけて走り回ったので、画像がないです。


前日お仕事を終えてから名古屋入りして、先輩とごはんwith酒。

シメに味噌煮込みうどん食べていいっすか!?と叫んだ私。ほほ。


翌朝。モーニングきしめん。

名古屋能楽堂へ入る前に、名古屋城天守閣を見納めに。


もう、なくなっちゃうんだなー。

戦災で焼失する前の姿で復元するそうですので。


こんな感じなのかなー?


翌朝は、あんかけきしめん。生姜がのってます。

いわゆる「関西風」「祇園風」。冷めないようにあんかけにした感じ。

が。


私が食べたかった名古屋のあんかけきしめんは、これ。


ほじくったら、花麩、ほうれん草、かまぼこ、干し椎茸が現れるのよ。

悶々。

悶々。

もんもーんっとしつつ歩いていたら、ついうっかり


麦茶セットを頼んでしまいました。


知多半島の先っぽの方でとれたぴちぴちなお魚。


エビふりゃーと言ったことはありません。

お箸と比較してみました。おっきいでしょ?身が詰まったエビフライです。

あ、タルタルソースもついてましたが私は古い人なのでソースで。


これは、ご予算的に無理難題なんだい。


メイチカのコンパルで、具が数センチもある名物サンドイッチを購入がてら…


久々にアイスコーヒーをば。


アイス用の濃いーぃ熱いコーヒーに、砂糖とフレッシュを溶かして


氷の入ったグラスへ注いで出来上がり♪

帰りは急がないので、近鉄のアーバンライナーで大阪へ。


庄内川を越えると名古屋市から出てしまいます。きゅん。


大阪で帰宅前に、休憩。クリームソーダのこのシャリシャリしたとこ、好き。

二泊三日の行程でしたが、まんぷくな名古屋旅でした。

次世代へつなぐということ。大阪能楽養成会

こんにちは。

朝10時から夜の8時まで能楽漬けで幸せなわたくしです。

今日は、伝統芸能をつなぐということについて、ご紹介。


勤務先は能楽堂。人間国宝に名指しでド叱られる情けない事務員。

伝統芸能って、中に入ったら一層、先細る先細れば先細るとき、ってのがわかって、やばいやばいと思う日々です。

会計事務所に「零細産業」などと言われたり、します。

経営が無理ならいらんやん?淘汰されてほんまにやっていけるとこだけ続けてったらええやん?

ですが、遠い将来、そうなっても致し方ないとしても、数百年続いた伝統をうちらの世代で途絶えさせるわけにはいかん。その危機感たるや、悲壮感漂っております。

広く様々な方に能楽を鑑賞いただくこと、子供達に楽しみながら親しんでもらうこと、といった広報的なものではなく、今回は内部のお話。

人材が揃っている今こそ盛り上げないかん、伝えるべきものは伝え、若者たちが自身の研鑽に集中できる環境を作り、育てないかん!

そんな危機的な意識は、おじいちゃま世代、人間国宝クラスこそ非常に高いです。

では、具体的にどうしているか?

大阪の能楽界には、「大阪能楽養成会」というものがあり、諸条件はあるものの、能楽師の子弟ではない一般ぴーぽーにも門戸を開放しております。

シテ方、ワキ方、狂言方、囃子方、それぞれに募集しています。

その養成会研究発表会が、今月末、催されます。


番組(プログラム)です。

一番右の能「東北」は、喜多流。祖父・高林白牛口二(こうじ)、父・高林呻二、に囲まれシテをつとめるのは、(白牛口二先生の)孫・昌司先生です。

観世流の「東岸居士」の地頭(コーラスリーダー)は、人間国宝。

これは、敢えて若者達と共に謡うことで何かを伝えたい、という深謀遠慮があろうかと拝察します。

それぞれの後継者を見守る視線はあっちぃちぃー。
ご自分の舞台のときよりも、どたばたどたばた、あたふたあたふたされてます。

養成会の若者達は、TwitterなどのSNSを使ったり、いろいろ工夫して盛り上げようとしています。

遠くて来られない方々も多いかと存じますが、若者達が頑張ろうとしていること、そして、実際に頑張ってることを頭の隅っこにでも置いていただけたらこれ幸い。

そして、大阪市中央区上町、最寄り駅は谷町四丁目もしくは六丁目の大槻能楽堂、へ、行けるよー、っという方には是非ともご足労願いたく存じます。

6月28日木曜日、午後6時開演です。

無料です。あーら、びつくり。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼